タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

将棋

福山雅治を弾き語るーSquall

今日は福山雅治の「Squall」を弾いてみた。 またまた、カポがフレット4なので楽譜と異なる。 ユーチューブで変換してくれている人がいたので助かる。 www.youtube.com www.youtube.com カラオケにも利用できる。 しかーし、高音が出ない。 コードは弾けるけ…

福山雅治を弾き語るーmilk tea

今日はコーヒーを飲みながら福山雅治の「milk tea」を弾き語っている。 女性の後輩が先輩の男性に片思いしている詞のようだ。 www.youtube.com 購入した楽譜はカポがない状態で書かれているので、カポを4フレットにした場合のコードが良くわかるユーチューブ…

新人王戦 藤井七段勝利!!!

藤井七段が出口三段を破り、2連勝で新人王戦に勝利した。 圧勝で敵の玉を包囲した。得意の角換り戦法だった。 これで来期にはタイトル戦への挑戦と獲得を狙えることだろう。 自分も振飛車党であったが、「将棋ウォーズ」では居飛車で戦っている。 散歩風景 完

将棋文化検定とギターと車の傷

今日は将棋文化検定の受験で御茶ノ水の明治大学へ行った。 9Fが会場で受付で藤井聡太の「詰将棋タオル」と「大阪餃子」を紙袋でもらう。 試験時間は1時間だが30分経てば答案を提出して退場できる。 約20分程で回答を終え、身支度をして退出時間を待つ。 1番…

明日は将棋文化検定の受験日

いよいよ将棋文化検定の日が明日になった。 棋力ではなく歴史問題だ。 升田幸三の世界を読み勉強する。んっ、これ棋力向上の為の記譜だ。 四段の腕前を披露することはない。 日本将棋連盟のホームページに歴史が載せられているので、これらを読んでおこう。 …

豊島二冠 誕生!

王位戦で菅井王位に豊島棋聖が勝負を決めて二冠が誕生した。 相穴熊となり豊島棋聖が上部から攻めを開始した。 天を仰ぐ菅井王位。 コンピュータ将棋は豊島棋聖の優勢に振れていた。 最善手を指し続けたのが勝因であろう。 コンピュータが示す手が多かった。…

最後の新人王戦 藤井聡太七段

新人王戦で青嶋五段に快勝した藤井七段。 右玉戦法を採用した青嶋五段に勝ち目のチャンスは訪れなかった。 そして藤井七段の華麗なる詰めろにて快勝した。 終始優勢な展開を藤井七段が決めた。いったいこの強さはなんだろう? 右玉戦法を得意とする青嶋五段…

満月の夜に

月の灯が散歩道を照らす。 満月は何故か心が騒ぎ出すような気配がする。 オオカミにでもなるのだろうか? いや、「餅つきうさぎ」を見て心が踊るのだ。 夕日に照らされた雲が美しく空を飾る。 まるで謎の飛行物体が飛行しているような雰囲気さえ感じる。 や…

王座戦 第二局の観戦記

中村王座VS.斎藤七段 中村王座が優勢であったが、一瞬で劣勢になった。 最後の攻撃は6四桂馬。 夕食のうな重も食べずに考え続けた中村王座。 斎藤七段の細い攻めから王を追いかける。 斎藤七段の二連勝で王座に王手をかけた。 完

王位戦 予選トーナメント

藤井聡太七段が山崎八段に敗れた。 中盤まで藤井優位であったが、守りを意識してか攻撃チャンスを逃した。 初の二連敗&予選一回戦負けだ。 飛車を活かすことができなかった。角を切ったところで敗勢の色が濃くなる。 先手で負けたのも初だ。様々な負の記録…

王位戦と青空

王位戦第6局2日目が開始された。 菅井王位の振飛車と豊島棋聖の居飛車相穴熊戦だ。 菅井王位が3勝2敗で王手をかけている。 豊島棋聖の劣勢と伝えられているが、自分としては豊島棋聖が終盤で力を発揮するものと思っている。 朝の散歩風景 空雲が秋を感じ…

王座戦と万年筆インク

王座戦 第1局が行われている。 中村王座が防衛できるかどうかが注目される。 今日は雨が降ったり止んだりと散歩も大変なのだ。 万年筆用のインクが4種類になった。 黒、赤、ブルー2色。 株式市場は今日も低迷している。 保証金を振込んでなんとか凌いでい…

ワンピース 五二巻と七三巻が足りない

息子の買った「ワンピース」を読み続けるうちに不足している分があることがわかった。 五二巻と七三巻と七六巻以降だ。 五二巻はKidleで購入し、その他の巻はブックオフで入手した。 株式チャートを眺めKindleのワンピースを読み、王位戦第5局を観戦している…

将棋文化検定に申し込む

昨日は日本将棋連盟主催の「将棋文化検定」最終締切日にインターネットで受験を申し込んだ。将棋の腕前ではなく、歴史や文化を勉強しなければならない。 昨夜の柴犬のNくんとの散歩道。 「木ここち家」の注文住宅ってどんな家ができるのか楽しみだ。 散歩途…

AbemaTVトーナメントが面白い

棋力四段の自分には藤井七段の将棋が面白くてたまらない。見逃したTVをビデオで観ている。 一ヶ月無料。 増田六段との決勝トーナメント。 藤井七段が2連勝で準決勝に進出した。 次の相手は高見叡王タイトルホルダーと対戦する。 直感と中終盤の強い棋士が有…

散歩道のごみ屋敷

今朝は柴犬のNくんの機嫌が悪く散歩に行けなかった。 いつものように株式市場とドル市場に集中する。 今日も大量の売買を行った。 夕方の柴犬のNくんとの散歩。 突然現れる「空手道場」は廃墟になっている。その隣がごみ屋敷だ。 自らスプレーで「キケン よ…

近所の風景 散歩道

柴犬のNくんとの朝の散歩。 朝日が既に暑い。 そして、今日の株式市場をチェックする。 ドルは110円から再び111円代に戻っている。 日経平均は300円を超える下落になった。 しかし、自分のある銘柄は急上昇した。 下落した銘柄に買いを入れ、上昇した銘柄に…

ZiPPOと散歩と将棋界

夕暮れの散歩。 空が赤く彩られている。 柴犬のNくんと少し気温が下がった道を歩く。 でも、歩いていくうちに汗が吹き出してくる。そして立ち止まる。 風が心地よい。 Nくんも暑さで立ち止まることが多い。 そんなときはポケットから煙草を取出して吸い始め…

棋聖戦 羽生竜王VS.豊島八段 そして雨季のタイ

激戦の末、豊島八段が勝った。2勝1敗で大手をかけた。 終盤では逆転もあり得るような悪手が連発した。 何が悪手で何が好手だったのかはわからない。 駒台に沢山の駒が乗せられている豊島八段。 激戦を物語っている。 今日は、MACにWindows10を再インストール…

竜王戦 藤井七段敗れる

今日、藤井七段VS.増田六段の竜王戦は増田六段の勝ちとなった。 厳しい手順に藤井七段が肩を落とす。時間も使い切っていたため、正しい筋道を見つけることができなかった。それはまるで、天井から黒い雨雲が押し寄せてくるような雰囲気さえ感じ取れた。 いか…

竜王戦 藤井七段VS.都成五段 ・・・・・・雑記

AmebaTVにて竜王戦がLIVEで繰り広げられている。 難しい局面で千日手になるかもという解説者が言っていたが、藤井七段が局面に攻撃態勢を着手した。 夕食 藤井七段が夕食では優勢に思われる。 まあ、藤井七段のことだから軽くひねって勝つことだろう。 今日…

王座戦 藤井七段VS.深浦九段

LIVEでamebaTVで王座戦が流れている。 深夜まで戦い続けるだろう。 戦いは、まだ始まっていない。 夕食を見ると藤井七段が優勢に思われる・・・・・・ 夕食休憩中に柴犬のNくんと散歩に行く。 またもや散歩の風景を・・・・・・・ 近所に建売住宅が作られて…

タイトルのない昇段

今日も4時半に目が覚めた。 コーヒーがない、しかたなく紅茶をドリップして一服する。 朝食を摂らず柴犬に餌を与え散歩に出かける。 散歩中は色んな人と会話がある。 仲良くなる散歩仲間もいる。 今日は、土曜日。 今までの株式取引や外貨預金等の総資産管理…

藤井六段の誕生!

第11回朝日杯将棋オープン戦にて藤井六段が誕生した。 終始攻めの将棋で圧勝した。 澤田六段、佐藤名人、羽生竜王を破って、広瀬八段との決勝で優勝した。 C級2組にもトツプで昇段して16日で五段になっている。 今度は4月からC級1組からスタートする。 本…

将棋世界12月号

ようやく「将棋世界」12月号の竜王戦第1戦まで読み進めた。 今日には「将棋世界」1月号がAmazonから届く予定だ。 とにかく眠いのだ。 ヤマト運輸が来て、玄関のチャイムが鳴ったのに、眠っているせいで聞こえなかった。 再配達をしてもらい、Amazonパン…

中国支配が進む東南アジア

カンボジアは中国に乗っ獲られたかのような状況だった 日本はメコン川にカンボジア友好橋を最初に造った国であるが、隣には中国友好橋が張り合うように建てられている。 事実、中国経済の存在は大きい。2015年日本のカンボジアへの投資額は3900万ドル、対し…

マスコミから将棋ニュースが瞬間で消えた

藤井四段の連勝記憶が途切れてから将棋界の話題がなくなった。 マスコミとは恐ろしいもので加熱した藤井四段中学生の連勝記録とタイトル奪取が失せてしまうと一斉に報道がなくなった。 TVで突然選ばれた一般人の生活が一日中ニュースになって騒がれ、マスコ…

タイの将棋

タイの将棋は「マークルック」「マックルック」と呼ばれる。 チェス・シャンチー・将棋の起源はインドのチャトランガとされている。 写真は日本将棋連盟より引用*筆者は日本将棋連盟公認四段免状授与なんで拝借 マークルック|世界の将棋|将棋の歴史|日本…

藤井聡太四段の将棋をきっかけに一日中AbemaTVで「将棋」番組を観てしまう原因

休日を過ごす時間が短くなったような感覚がある。 そのきっかけは藤井四段の将棋が原因であることは明白なのである。 29連勝後の30勝目をかけた佐々木六段(昇段)との竜王戦決勝トーナメントから筆者の様子がおかしくなってきた。 またしてもAbemaTVで佐々…

藤井聡太四段の30連勝目が止まってからの心境

7月2日(日) 第30期竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 いよいよ30連勝をかけた対戦である。 筆者は飲み物やおやつを用意してPCの前のソファに1日観戦を覚悟して待機していたのである。 佐々木五段はスイス・ジュネーブ生まれの強敵…