タイライフ おがしゃ

THAILAND LIFE OGASHA 旅すること    ー移住までの記録

MENU

将棋

タイの将棋

タイの将棋は「マークルック」「マックルック」と呼ばれる。 チェス・シャンチー・将棋の起源はインドのチャトランガとされている。 写真は日本将棋連盟より引用*筆者は日本将棋連盟公認四段免状授与なんで拝借 マークルック|世界の将棋|将棋の歴史|日本…

藤井聡太四段の将棋をきっかけに一日中AbemaTVで「将棋」番組を観てしまう原因

休日を過ごす時間が短くなったような感覚がある。 そのきっかけは藤井四段の将棋が原因であることは明白なのである。 29連勝後の30勝目をかけた佐々木六段(昇段)との竜王戦決勝トーナメントから筆者の様子がおかしくなってきた。 またしてもAbemaTVで佐々…

藤井聡太四段の30連勝目が止まってからの心境

7月2日(日) 第30期竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 いよいよ30連勝をかけた対戦である。 筆者は飲み物やおやつを用意してPCの前のソファに1日観戦を覚悟して待機していたのである。 佐々木五段はスイス・ジュネーブ生まれの強敵…

仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌 

将棋界巨匠の最終の闘い 今日は第30期 竜王戦6組 昇級者決定戦が行われた 加藤九段 対 高野四段 加藤ことTVでお馴染みの「ひふみん」が負ければ引退試合となるため多くの報道陣が待機していた。 しかし、もう敗戦がほぼ決定した時に加藤九段は席を外して、帰…

将棋の一日 タイトル戦と藤井四段の結果は!?

藤井四段は27連勝! 棋聖戦は羽生棋聖が勝利で王手! 第11回朝日杯将棋オープン戦一次予選 ▲藤岡隼太アマ―△藤井聡太四段 やはりアマチュアとの実力差は歴然で藤井四段が力で圧勝となった。 残念ながら緊張なのか、東大生でもある藤岡アマには良いところが…

将棋にかけた夢を振り返る

僕は将棋のプロ棋士になるつもりで勉強していたことを思い出した 幼い頃、母方の祖父が囲碁将棋が好きだった。遊びに行くと、従弟や兄弟仲間で将棋の駒で「まわり将棋」として遊んでいたことを思い出した。これが将棋との出会いである。祖父の子供(叔父)に…

中学生棋士 藤井聡太四段の棋譜を調べてみた

公式戦25連勝! 藤井聡太の実力は?! プロになってから過去の対戦の棋譜をYouTubeやスマホの「棋譜」から振り返ってみると、敗戦濃厚な戦いが2つほど見つかった。 ひとつは22戦目の早指し戦「第2回上州YAMADAチャレンジ杯トーナメント」の阪口悟五段戦であ…

名人戦 第五局 佐藤名人の勝利

第75期 名人戦 第五局は佐藤名人が勝って王手! 棋譜 先手:佐藤名人後手:稲葉八段▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △3三角 ▲6八玉 △2二銀▲3六歩 △8二飛 ▲3七桂 …

名人戦 第五局 1日目

佐藤名人 対 稲葉八段 2勝2敗のタイから第五局へ 岡山県倉敷市「料理旅館 鶴形」で行われている。 棋譜 先手:佐藤名人後手:稲葉八段▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 …

第30期 竜王戦 6組ランキング戦 決勝

藤井四段 対 近藤五段 竜王戦6組決勝戦 102手にて藤井四段の勝ち 藤井聡太四段の公式戦19連勝! 藤井四段の圧倒的な強さを見せつけた将棋だった。 棋譜 先手:近藤五段後手:藤井四段▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金▲3八銀 △7二銀 …

名人戦 第四局 佐藤名人が勝って2勝2敗のタイへ

佐藤名人が快勝で2勝2敗のタイへ 棋譜 ▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀▲4八銀△6二銀▲4六歩△4二玉▲4七銀△7四歩▲5八金△1四歩▲1六歩△6四歩▲6八玉△6三銀▲5六銀△7三桂▲4五歩△6二金▲6六歩…

名人戦 第三局二日目 稲葉八段の勝ち

稲葉八段の封じ手は△5二金 棋譜 ▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△2二銀▲4八銀△3二金▲3六歩△8四歩▲7八金△8五歩▲3七銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8五飛▲4六銀△6二銀▲6九玉△7四歩▲5六歩△8八角成▲同銀△3三銀▲7七銀△6四歩▲6六銀△6三銀▲…

名人戦 第三局一日目

佐藤名人 対 稲葉八段 7番勝負 長崎県西海市 オリーブベイホテル 綺麗なホテルで名人戦が行われている 18:30過ぎに稲葉八段の封じ手が行われた 現代将棋はコンピュータ思考解析により随分と手数が減って攻撃的となった 王将が僅かしか動かないのである 自分…

藤井聡太四段 炎の7番勝負を改めて観直してみた

AbemaTVで「将棋」を今日は1日振り返って観戦した 藤井聡太四段 中学2年生 棋士 棋譜を改めて観てみると、普通の感性ではない「神の手」を感じる 今日これから羽生三冠との対決であるが、藤井四段の今までの勝負手からは想像を絶する勝負になるかと思う。 史…

名人戦 第2局 佐藤名人の圧勝

名人戦第2局が終了した 青森県弘前市「藤田記念庭園」にて第2局が行われた。 結果は佐藤名人の72手にて17.26分、挑戦者の稲葉八段が投了した。 これで1勝1敗のタイとなったのである。稲葉八段は全体としては先手として序盤から厳しい戦局となった。個性のあ…

叡王戦 佐藤名人が電王戦への挑戦権を得る

叡王戦(えいおうせん)の優勝者が電王戦への挑戦権を得る 将棋の世界ではAIと言えるかどうかは分からないが「ポナンザ」というコンピュータに対してプロ棋士が勝てないという事態が数年前から起こっている。対局中にスマホで「次の手」をコンピュータに接続…