タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

旅人の詩

ワンピースを読みながら思う

ついにワンピース最新版まで読み終えた。 ストーリーや世界はめちゃくちゃで、戦いの場面だけが強調される。 サンジの策略結婚式を破壊し、自由の身になったサンジ。 過去の幼い経験が必ず蘇る。 モンキー・D・ルフィの「海賊王」とは何かも本当の意味さえ彼…

ジャズを聴きながらジントニックを飲む

今、私はアレクサから流れる静かなジャズを聴きながらジントニックを飲んでいる。 とても安らかな気分だ。まるでニューヨーク・マンハッタンの一室で過ごしているかのように時間が流れていく。 私の髪はもう少しで金色から銀色に変わる。 髪の色を変えるだけ…

旅のアルバム 2018年

カメラのキタムラでアルバム作成半額券を使用して2018年旅のアルバムを作成した。 こうして写真を冊子にすると思い出が残される。 夕方の散歩道。 スマホで写した風景。 Canon 6D MarkⅡと新しいレンズを購入したので、旅以外でも持ち歩いて活用したい。 スマ…

タイ 11泊・機内1泊の総決算

7月初旬に行ったタイでの総決算を発表したいと思う。 1バーツ3.5円で計算 航空機往復代金 14,610円 宿代 1泊あたり1,407円 (11泊) タイマッサージ代 1回あたり1,407円 (3回) 交通費代 1,407円 スマホ用SIMのトップアップ代 662円 飲食代 1日平均1,907円 …

バンコクへ出発

お昼過ぎ、家からバスに乗り、駅で冷やしうどん320円を立食いで食する。 そして電車で成田空港にたどり着いた。 今回もANAのマイルを使用した。 クレジットカードのラウンジをいつものようにハシゴする。 先ず生ビールを一気飲み。 次がエポスカード。 水割…

静かな音楽を聴きながら

外は雨。 シトシトと降り続く。 芝犬が初めて散歩を嫌がった。 だから、今日は散歩なし。 ドルチャートを見ていると110円代を突破し、株価は上昇した。 梅雨入りらしい。 3時前にPCをシャットダウンして眠りについた。持ち銘柄は安定した。 ・・・ 7時、妻に…

ヨットで巡る旅

特になにもない日が続いている。 柴犬の朝の散歩を終え、固定資産税の納付や電気・水道料金等のクレジット変更手続き。 そう。 ANAゴールドカードワイドを廃止したからだ。 新しく三井住友ゴールドカードに変更した。 ANAを使うことはもうないと判断したから…

監視カメラが壊れた

タイへの旅で家の監視カメラを使おうと、ミニUSBに差し込むと、本体メス側が奥に引っ込んでカラカラと音をたてる。 せっかく三脚まで立てて玄関口を監視しようと準備していたのに•••(泣) 犬の散歩も今日は長く時間をとった。クタクタだ。 今回のタイへはマ…

サンジとチョッパーフィギュア

なんでも鑑定団でPC周辺機器や不要な品物を売った。 安く買われてしまったが、物の処分としては便利だ。 そして、フィギュアコーナーに行くと、どうしても欲しくなった一品があった。 ワンピースの仲間の一人、コックのサンジだ。 タバコを咥えながら、うつ…

インテリアデザイナーへの道

タイにおける風景写真をメインに、吹き抜けの玄関壁に写真を額縁に飾ってみた。 色々な思い出がある。その中から厳選した30枚の写真だ。 思い出の写真を見る度にに思い出すであろう情景と心境。 整然と計算された配置写真と、感触で配置した写真、それはアー…

ラビットに囲まれた暮らし

家には兎つまり、ラビットが溢れている。 まずは玄関にはキノコの帽子を被ったラビットがいる。 家中にラビットが飾られている。 つまりは、ウサギが好きなのである。 タイで購入した金のネックレスも、ミャンマーで購入した陶器もウサギなのだ。 更に遡れば…

旅の写真用額縁

旅の記録をデジタル写真で残してきた。 カメラの種類は色々だけれども、思い出に残る画像を印刷した。 旅のガイドブック載っているような写真じゃない。 自ら感じた光景だ。 その写真用の額縁をAmazonで購入した。 10枚だけでは全然足りないようだ。 思い出…

焚き火

昨夜に庭で焚き火をした。 障子に映る仄かな光は、心を癒してくれる。 焚き火の明かりは、激しく燃えて、やがて静かに幕を閉じる。 風に揺られて、明かりは揺らぐ。 空は静かに僕を照らしていた。 はるか昔から、人類は火を使って生活してきた。 だから、炎…

Get over sadness

私は、いつかこの日が来るのではないかと恐れていた。 残念だが、この日が訪れる未来を読んでいた。 誰も、止めることは出来ない。 人生の岐路に、自分なりの生き方を選択した娘。 行く先がなくなったら、家に戻ってきて欲しい。 そして、笑い話で過去を振り…

2台目のバイクを購入する

息子が自分が乗っている同じバイクが欲しいとの事で、本人のお金でホンダ・グロムを購入契約した。 バイクで旅に出たいと言う。 キャンパーへの仲間入りだ。 自賠責保険5年と2年の盗難保険で37万だ。 自分は34万で保険無しだったから、随分安くしてくれた。 …

シンプルに生きて 詩 #1

多くの人が人生の岐路に悩み苦しみながら選択する 「生きる」という黒澤明監督の映画あらすじを読んで。 涙を流しながらこの文章を綴っている。 物事を複雑に考えると混乱を招いていく。 人生はシンプルに生きるべきだ。 ストーリー (ウィキペディアより要…

ついにタイの総選挙日が決定される

タイ軍事政権のプラユット首相が2018年6月に投票日を発表し、同年11月に投票が行われるという見通しを示した! プラユット首相が米国を初訪問してトランプ大統領との約束が守られたようだ。 ついに、来年に総選挙が行われる。 新憲法下では上・下院の2院政で…

タイ 遥かなる想い

タイ 不思議な魅惑を人々に与える王国 タイという王国を訪れてから魅了された。 幼い頃の想い出と初めて訪れたタイのプーケットが重なり合う。 ゾウが自然にホテルの道を歩き、豊富なフルーツが散りばめられ、やさしい鳥の鳴き声が聞こえる。 タイには心の何…

動画をつらつら載せてみた

過去の動画が見つかったのでこの際ブログに貼り付けよう 2010年バイクでタイ北部を旅していた頃の写真 動画撮るスマホは当時はなかった。 「食いしん坊」 なんか頂戴! ケチ! youtu.be 「バイオハザード HD REMASTER」 ほんと、苛立ちました! youtu.be MET…

今回の旅は何を持っていくのか?

今回のタイへの渡航目的は不動産調査である。 もし、プレビルドやプレセール物件で現地の町並みが自分にあっているようであれば予約金を払い、領収書を持って銀行口座を開設する予定である。 しかし、直接デベロッパーとの交渉で何か不安を感じるようであれ…

山の日という祝日から旅にでるぞー

今年の祝日は今週の金曜日「山の日」なので夏休みが1日増えて10日間なのだ! ついに今年最初の旅なのだ! 長かった。花粉症対策で春に行きたかったけど無理だった。 今年は色々あってこの夏休みを生きがいとして日々を過ごしてきたのだ! 本当に長かった…

空白な時の流れ

日本の社会常識は世界から閉鎖されていることを認識してますか。 日本社会は常識という息苦しさの中で若者が自由を失い、己をも失いかけている。社会人になろうとしている若者は日本社会の常識を知らないという理由で就職ができない。もしくは例え就職できた…

タイ人の平均月収2.6万バーツ(≒8万5千800円 2017.7.19)貯金なし48%に思うこと

newsclip.comによればタイ人の平均月収2.6万バーツになった。 www.newsclip.be 筆者からはかなり上昇したという感覚だ! この5年間で鰻登りに上昇したのではなかろうか?! 先進国外国人の最低月額保証賃金は5万バーツ(≒16.5万円)であるはず。 筆者の認識…

自由と孤独を愛する人

自由とは自分の心との会話から始まる 一人旅に出ると自由を得ることができる。しかし、多くの国では一人で行動することが「孤独」という概念から寂しさを表すようなネガティブなイメージを発想してしまう。 日本のニュースでは「孤独死」という単語を生みだ…

ベトナム暮らしを考えてみた

「改訂版 金なし、コネなし、ベトナム暮らし」著者 藤井伸二 本体 1600円+税 ビニールで覆われた本の帯を読むと第9章働きながら暮らすーベトナムで就職するためのノウハウーと書かれていた。 「ビニ本」に興味を注がれ、買おうかどうか迷った。 前に立ち読み…

素敵な微笑みが人々を幸せにする

書くことが楽しいと思うこと ブログを読み続けていくとお金を稼ぐことが目的なのか、趣味で思うことを書くことが目的なのか分からなくなることがある。 ブログを生活費として稼ぐ手段とする人は必死で書き進める。 お小遣い稼ぎ程度しか考えていないブロガー…

世界をバイクで旅する人たち

久しぶりに今日はバイクに乗った 8千回転から1万回転のエンジン音が心臓に響く ガソリンを満タンにして少しチェーンが錆付いた汚れを落とす 埃をかぶった車体が気持ち良い風圧で綺麗に飛び去って行く やっぱりバイクに乗ると心までも洗われる気分だ 世界をバ…

amazonプライムビデオ バーバーと追憶の森

amazonプライムビデオを今日は観ていた 外は曇っていて寒い 何故かとても眠いんだ 淀んだ空気の中で虫達の行動が鈍くなっている 世界を旅している金丸のブログを久しぶりに読んだ アフリカにいる 元気そうで安心した 奥さんと世界一周の旅は続いているんだ Y…

赤い牡丹の花が咲いていた

赤と桃色の牡丹の花 重度の花粉症の僕は久しぶりに窓を開けた。 そこには今まで見たことのない赤色の牡丹が咲いていた。 いつもなら見ることのない風景が目の前に広がる。 まるでハイビスカスのような鮮やかな赤だ。 この季節に窓を開けることがない。 暗闇…

人生の幸福度の研究記事を読んで

富裕層の哲学 行政書士・不動産投資顧問 金森重樹さんの記事から人生の幸福度を自分なりに考えてみた。現在彼は年収10億を超えて奥さんと離婚調停中とある。 プロフィール 東大法学部卒。25歳の時に1億2000万円の借金を負う。著書『お金の味』に詳しい。マー…