流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅するフラッシュパッカー ゼロからのブログ

1-雨天炎天 国境の壁

旅の始まり

ぼくはいつから一人旅を始めたのかはっきりと覚えていない。アメリカの西海岸にいた頃とは感覚が少し違う。でも時の流れによって、ぼくは次第にまじめな日本人気質から自由奔放な気質に変わっていった。

 

多くのバックパッカー初心者がタイ・カオサンに集うように、その頃ぼくもカオサンという響きに魅かれていった。

チャオプラヤ川とその川辺に暮らす優雅な時間の流れに、誰しもが祖国の慌ただしい生活から解放されていった。ぼくも日本の会社員として転職して仕事に忙殺されてきたから。そう、息ができないほどの満員電車で「何のために生きてるんだろう」とふと思ったりもした。

その頃2008年はリーマンショックですべての希望がもろくも崩れ去っていった。仕事も私生活も荒れて、心を正気で保っていることが難しかった。そんな時にふと沢木耕太郎「深夜特急」を再び読み返した。

困難な時はいつも何かの本に助けられてきたからだ。

「少しの期間でいいから旅に出よう」

ぼくは30Lの小さなバックパック一つで、今まで行ったことのなかったタイ・カオサンを目指した。

これが本当のぼくの一人旅の始まりだったのかもしれない。

f:id:ogasha:20160828093831j:plain

 そしてカオサンは急激な変化によってファッショナブルな観光地となり、高級ホテルが建設され、周辺の物価が上昇していったのだ。次第にバックパッカーに避けられていくカオサン。交通の便の悪さからも日本のバックパッカーはBTSやMRT駅周辺の安宿や・ホステルへと移っていったのだ。日本の女性一人旅も増えて、安全で安心できる地域の宿を求めていくようになっていった。

f:id:ogasha:20160910180559j:plain

カオサンでは世界中から沈没組、外こもりなどと呼ばれる人達がビザランによって何年もタイに滞在するようになっていた・・・ 

 

でも、ぼくは今でもカオサンが好きで、安宿のゲストハウスに泊まることも多い。

ドミトリーには泊まる気がしないが、窓付きの個室が確保されればそれだけで満足できるのだ。