流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅しています。いつしか世界中を巡り自分の居場所を探し出したいと考えています。 

旅すること

人生で一番幸せな時の流れ

3-パタヤ 禁酒日の初日

8月6日(土)旅の2日目 AM

エカマイに宿をとったのは東バスターミナルから早朝アランヤプラテートへミニバスで向かい、ポイペド シェムリアップ宿 プノンペン→ベトナム ホーチミン→ハノイ →ルアンパバーン ラオス→チェンライ チェンマイ タイ→チェンマイでなんとかVISAとってミャンマー→タイ→帰国というベトナムの北へ縦断と東南アジア一周を頭の隅に計画していたからだ。

 

しかし、二日酔いの体に5時間以上のバスと難関といわれるカンボジアのポイペドの国境越えには、パタヤへの2時間ちょっとくらいの体力しか残っていなかった。

f:id:ogasha:20160828145038j:plain

108Bでパタヤ 北バスターミナル着へ。乗り合いソンテウ50Bでウォーキングストリートへ。

助手席で前のソンテウ広告が気になりパチリ・・・

f:id:ogasha:20160910105628j:plain

f:id:ogasha:20160910105755j:plain

パタヤは晴れてビーチが広がっていた。

さて、宿探し、宿探しと・・・

 

セントラルロード沿いに歩いて賑わっている宿へと行ってみることに・・・

これが悲劇の始まりであった。

f:id:ogasha:20160910110117j:plain

パタヤに到着し、賑わっている宿を探した。

前から気になっていたファランがいつもビールを飲んでたむろしているところ「LKメトロ」周辺だ。

一泊550B→500Bへ。Chang Thong Guest House

この宿でチェックインと同時にチャーンビールを頼むが、冷えてないといわれLEOビール大を一本買って部屋に向かった。

女性宿主

「コンドーム持ってって」

「???」

ああ、ビールのカバーみたいなのか。ようやく理解する。

ファランもビールを頼んで宿前の小さなテラスで皆飲んだくれていた。

部屋でシャワーを浴びてビール!アローイ!

f:id:ogasha:20160828175232j:plain

部屋は冷蔵庫もTVもシャワーもトイレもついている。

パタヤで500Bでこれだけ揃っていれば、まあマシな方だ

f:id:ogasha:20160828175445j:plain

しかし、パタヤの夜は暗闇と化していた。禁酒日とは知らなかったのである。

宿の深夜受付の番人が変わっていた。オカマちゃんである。

そして宿に戻ってくるたびに誘ってくるのである。一回500~一泊1000Bとか。

ここは?なるほどそういう宿なのか。

ファランで賑わうはずだ。

ゲイの街LKメトロという街に身を沈めた。

f:id:ogasha:20160910110549j:plain

明日はのんびりできるプール付きホテルに引っ越して、パタヤからカンボジアへの脱出計画を練ろうと決意したのである。