流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅しています。いつしか世界中を巡り自分の居場所を探し出したいと考えています。 

旅すること

人生で一番幸せな時の流れ

12-チェンマイからバンコクへ 復路列車の旅

8月15日(月) 旅の11日目

f:id:ogasha:20160902103552j:plain

下痢も回復して列車でバンコクへ
定刻通りに出発する。天気は雨模様。
ぼんやり描いた旅の計画は、アクシデントでうまくはいかない。

 

f:id:ogasha:20160902121810j:plain

しばらくするとコーヒーとクッキーがサービスで運ばれてきた。
鉄道利用は遅れるという常識があり、多くの人はバスを利用する。
昨日の日曜日はバスも満席で鉄道へ切替集中したのだと思う。
フライトも完売していた。

f:id:ogasha:20160902122025j:plain

窓の外は雨が降り注ぎ、乗客から放り出される食べ物を待ち続ける犬達が線路脇を屯していた。足の悪い犬が目立つが、轢かれたことがあるのかもしれない。

f:id:ogasha:20160902123504j:plain

お昼はタイカレーが出された。
中々の味。そして最後にコーヒーとスナック菓子が出された。

f:id:ogasha:20160902123743j:plainf:id:ogasha:20160902123619j:plain

約1時間程度の遅れで、フアランポーン駅に到着。
最後のブルートレインを写そうと日本人の鉄道マニア達がシャッターを切っていた。

f:id:ogasha:20160902123903j:plain

宿は駅近くのゲストハウス 一泊350Bを見つける。
明日は早朝便でベトナム ホーチミン市へエアアジアで飛ぶことにした。
スマホでチケットを購入してチェックインを済ました。
ついつい復路も購入していた。

f:id:ogasha:20160902124017j:plain

ゲストハウスはタイ情緒溢れる宿で、部屋はベッド以外何もないが共同トイレ・シャワーはしっかりと水が出てくれた。

f:id:ogasha:20161103180705j:plain

f:id:ogasha:20161103180835j:plain

f:id:ogasha:20161103181308j:plain

シャワーを浴び、軽く飲もうと考えてスクンビットまで繰り出す。
ソイカウボーイは日本人でごった返していた。
やはりバカラは人気で座る席がない。
しばらく空くまで入口でタバコを吸っていた。
お盆のこの時期は日本人で埋め尽くされる。
チャーン、ジントニックを3杯とフライドポテト。
1000B近く請求され、物価の上昇が激しいのだと理解する。
ちょっと前の2倍以上。お盆価格もあるかもしれない。

f:id:ogasha:20160902124235j:plain

古ぼけたバービア街まで歩いてビリヤードを数ゲームする。
相手の娘に勝手にドリンクをオーダーされてしまうが300Bにおさめて帰る。

f:id:ogasha:20160902124345j:plain

ナームを食べて帰ろうとしたが、チェンマイでの感染もあってフアランポーン駅周辺のセブンで日清のトムヤムヌードルをお湯を入れて持ち帰った。
明日は早い。移動と人混みに疲れて眠りについた。

f:id:ogasha:20160902124511j:plain