流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅するフラッシュパッカー ゼロからのブログ

13-タイからベトナム 長い夜

8月16日(火) 旅の12日目

DMK → SGN 7:45-09:15 搭乗券はスマホAirAsiaアプリ内にて07:05搭乗時刻

早朝、ゲストハウスをチェックアウトしてフアランポーン駅の通りでタクシーを捉まえる。

「ドンムアン空港まで いくら?」

 

「・・・メーター」

驚いた!

早朝タクシーでメーターで行ってくれるという。

「OK!ありがとう」タクシーに乗り込む

「高速使うか?」

「どちらでもいいよ」どうせ遠回りして高速代上乗せするんだろと・・・

「・・・高速使わないで行くよ!」かなりいい人だ。

過去何回もバンコクで早朝タクシーに乗っているがこんないい人は稀だ。

大概、5~600Bふっかけてきて300Bで手をうってきたからだ。

約30分ほどでドンムアン空港に到着する。メーターは208B。

チップを含めて240Bを渡そうとすると・・・

「200Bでいいよ!」うそだろ、こんなの初めてだ。

運ちゃん、宝くじでもあたったのか?200Bを渡し、お礼を言う。

「良い1日を!」運ちゃんにこんなことまで言われた。

 

バンコクの奇跡である。

 

搭乗券はスマホの中。

パスポートとスマホを出国監査官に渡して出国手続きをする。

無事タイの出国スタンプを押してもらって朝マックへ。

f:id:ogasha:20160903082403j:plain

出発ゲート近くに喫煙ルームがあった、既にIQOS用たばこは切れていたので紙タバコを免税店で購入した。

毎度のことなんだが中国人がライター貸してくれと言ってくる。

中国人はライターを持ち歩かないで借りるのが習慣化されているのか、これは韓国人も同じである。男女を問わず唾を吐き散らすのも共通点である。

f:id:ogasha:20160903083202j:plain

搭乗がはじまり、搭乗券スマホとパスポートを見せるもエアアジアの女性にいつ入国したのか?ビザラン?などしつこく聞かれる。

なんでエアアジアのおねーちゃんにしつこく聞かれなきゃいけないの?

出国監査官ならわかるけど。

沈没組じゃない、髭面になってバックパッカーみたいだがフラッシュパッカーだ!

入国が2015年スタンプが見開きページに色々押してあって、ミャンマーからの出国やらが重なって1年以上タイに滞在しているようにみえる。

タチレク日付を理解してくれた。

バスで飛行機までたどり着く。

この時ベトナムからタイに戻ってこれないかもしれないという不安が頭をよぎった。

タイでビザランを何回も繰返す不良外国人への追出しが強化されているという情報を「びんぼっ旅君」でインプット済みだからだ。

「IO」スタンプを押されたらもうご臨終である。

f:id:ogasha:20160903084515j:plain

あっという間にベトナム タンソンニャット空港に着いた。

入国審査前に空港内SIMカードが売られていたので10ドルで購入。

スマホ内のエアアジア・アプリ搭乗券は電波がなくても開けるようになっている。

ついでに入国カードは要らないのか?と聞くと必要ないらしい、ベトナム。

煩雑な事務処理を省くとは、いい国じゃないか!

f:id:ogasha:20160903090048j:plain

緊張の初ベトナム入国審査

「リターンチケット!」

「・・・」何?帰りのチケットがないと入国できないのか?スマホで復路SGN→DMK 8/19 15:50-17:20 87.50USD の画面を開きスマホを入国監査官に渡す。

「・・・」ポーン スタンプの押される音。

無事、ベトナムに入国できた。何人かの外国人はリターンチケットがなく「キャント」という甲高い声で別室へ囚人がごとく行かされていた。

なんという国なんだ!恐ろしや。

ベトナム戦争で米国連合に勝った国・・・

中国の侵略に勝った国・・・

精神的軍事力。

中国人観光客パスポートにFuckYouと書き込むくらいのお国柄!

両替所で40ドルを現地通貨に換える。

インフォメーションでMAPをもらい綺麗な女性にナイトスポットのある地域を書き込んでもらう。

イエローバスで行けという。

イエローバス20,000ドン 約80円 (1ドル≒100.8円 当時)

f:id:ogasha:20160903090415j:plain

f:id:ogasha:20160903090455j:plain

f:id:ogasha:20160903090535j:plain

バス終点近くにバックパッカーが集うというブイビエン通りがある。

タイ・カオサンみたいなもんだ。適当に宿を決める。

一泊12ドル シャワー・トイレ 喫煙OKの窓付き部屋。

f:id:ogasha:20160903090636j:plain

シャワーを浴び、ランチを兼ねて散策する。

タイでいうソイがあるんだがバイク1台が通れる位の狭い道があちこちにある。

市街戦であれば敵国はこの迷路のような路地から狙い撃ちされるだろう、などと感心していた。戦場を考慮した街造りだ。

f:id:ogasha:20160903090717j:plain

ベトナム名物のフォーとシンガポールビールのタイガーを飲む。

お店にはこのタイガーとハイネケンしか置いてなかった。

サイゴンビール飲みたかったんだけどね。ベトナムの交通事情はバイクで道を占領されて歩行者には優しくない。

横断歩道も信号が青でもお構いなしに突っ込んでくる。

歩道もバイクが突っ込んでくる。

横断方法は、まず手を下げて相手の目を見ながら、犬を待てするように順次進む。

それでも突っ込んでくる奴は殺人鬼だと思っていい。

こうして何度かひかれそうになりながらも横断要領を得たのである。f:id:ogasha:20160903090805j:plain

f:id:ogasha:20160903090844j:plain

ベトナム戦争記念館 歩いて20分位なのでGoogleMapを頼りに行ってみた。

ファランだらけ~。

日本人家族が日本語対応ガイドツアーを受けているのに遭遇。

一緒になってタダで聞こうかなと思ったりもしたが、たどたどしい日本語なので・・

独自観光に切り替え。

f:id:ogasha:20160903090920j:plain

f:id:ogasha:20160903090959j:plain

f:id:ogasha:20160903091040j:plain

f:id:ogasha:20160903091116j:plain

f:id:ogasha:20160903091205j:plain

f:id:ogasha:20160903091244j:plain

f:id:ogasha:20160903091326j:plain

MGS スネークを思い出した。(メタルギア知らない人には関係ない)

f:id:ogasha:20160903091419j:plain

途中の公園で先程路上で買ったアイス・レモネードを飲んで一息つく。

基本、ベトナムは外人に優しい人が多いように思う。

言葉通じないので、お客さんの持ってるコレと同じの・・・とオーダーするのがコツ。

f:id:ogasha:20160903091457j:plain

ゲストハウスに戻り、シャワーを浴び仮眠する。

ベトナム戦争記念館ではミリタリー研究家としては十分な資料が揃っていた。

身震いする、涙が自然に溢れだす、沈黙と怒り。

米国人と韓国人の卑劣な行為を許すことなどできない。

・・・いまでも戦争の傷跡は韓国の仕掛けた地雷やライダハンの孤独と貧困という形で続いている。

f:id:ogasha:20160903091541j:plain

グリーンサイゴンとレッドサイゴンはレッドの方がパンチがあって好きだった。

ピザを頼んで夕食。

f:id:ogasha:20160903091611j:plain

f:id:ogasha:20160903091652j:plain

f:id:ogasha:20160903091724j:plain

f:id:ogasha:20160903091759j:plain

f:id:ogasha:20160903091827j:plain

f:id:ogasha:20160903091856j:plain

夜のサイゴンを散策すると、美容院・理容院系で若い娘達が手でおいでおいでする。

これは多分韓国系風俗と同じなのだろう。

街に韓国語看板が多いのもあらゆる面で影響しているのだと肌で感じる。

f:id:ogasha:20160903091932j:plain

宿に戻るも爆音は続く、うるさくて耳栓しても眠れないと覚悟して飲むことにした。

宿の隣が飲める場所なので、地元の人に混ざってタイガービールを飲む。

みんなタイガーを飲んでいてサイゴンビールは飲まないらしい。

f:id:ogasha:20160903092007j:plain

f:id:ogasha:20160903092043j:plain火を吹く青年!少年? 

ショータイム 

夜中の3時であるが・・・

いつまでも爆音カラオケと色目づかいのチラチラ(勘違いかもしれない)続くのだ。

眠らない街 

 

サイゴン!!!

f:id:ogasha:20160903092115j:plain

f:id:ogasha:20160903092200j:plain

AM4:30頃 サイゴンの夜は終了した。

うっすら明るくなってきた。先程無理やり買わされたパパイヤ。

隣の宿主が金集めて手数料渡してるし。

眠い・・・寝よう。

隣の宿なので楽だ。