流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅するフラッシュパッカー ゼロからのブログ

独りきりになりたくて旅に行く

f:id:ogasha:20160928183806j:plain

苦しく、悲しく、辛い時期は誰でも訪れる。

誰でも厭な事は生きていれば幾度となく遭遇してしまう。

 

 

何故こんなに苦しいのだろう。苦しいと感じたことのない人もいるのかもしれない。

 

当り散らす訳ではないが、周りにいる人たちが鬱陶しくなってくる時がある。

 

独りになって離れるとしばらく心が和み、周りの温かみが時差のように徐々に感じるようになる。

 

「あの時なんて悲しい思いをあの人にさせてしまったんだろう」、自分が気がつくまでには年月と経験が必要になる。

 

後悔、そして立ち直れなくなるほどの深い苦痛。心が落ち着きを戻せないほど悪夢に魘される連続。

 

子供の頃に描いていた夢は、現実では恐ろしく人の心を揺さぶる「管理社会という悪魔」だった。

 

当然、人生は「仕事」だけではない。しかし、日本人の多くは父も含めて「仕事だけの人生」を歩んできた。

 

ぼくにはそんな人生はできない。決してしたくない。

 

だから限られた時間の中で、ぼくは『一人旅』を続けているのだと思う。

 

旅先の国の庶民生活に入り込んでいく・・・

 

これが、自己流の旅スタイルだ。

f:id:ogasha:20160928190407j:plain