流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅するフラッシュパッカー ゼロからのブログ

ソロキャンプ

焚火の魅力

僕はバイクに荷物を載せてぶらりとソロキャンプすることがある。

無性に焚火がしたくなるのだ。

炎を眺めながらジントニックをのんびりと星空の下で飲む。

 

 f:id:ogasha:20160930151711j:image

秋からのソロキャンプ

夏のファミリーキャンプも終わり、ライダーの季節がやってくる。

バイクが夕陽の光で輝きを増し、それを隣で眺めながら時の流れを楽しむ。

 f:id:ogasha:20160930151921j:image

旅のスタイルも色々とあるが、バイクのソロキャンプは感慨深い自然との調和が不思議な時空を作り出す。

 

バイクと風は古来からのDNA

『風を感じる』ためにバイクを走らせる。『風』は僕らに「生きていること」を気づかさせてくれるのだ。

馬に乗り、放牧民のように大地を駆け巡る。DNAが太古の『風』を蘇らせるのかもしれない。

 f:id:ogasha:20160930152856j:image

生きているという実感

山に登り、眺める風景はとても素晴らしい。テントとタープを張り、さながらサバイバルのように過ごす。この世がこれで終わりを告げたとしても、生きて行ける勇気を授けてくれる。

 f:id:ogasha:20160930152148j:image

人間の存在なんか、何てちっぽけなんだろう・・・

 

あわせて読みたい

www.zerokaranoblog.com

www.zerokaranoblog.com