タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

旅人の妄想-5

アメリカ大統領はクリントンじゃなかった

2016年11月クリントン大統領候補が支持率で次期大統領と予想されていた。しかし、彼女のアルツハイマーが急速に進んでいた。最終選挙目前に私用メールの件も重なり病状も悪化してクリントンは倒れたのだ。

米国の大統領はトランプ氏となった。 

 

どちらが大統領になろうがアメリカは衰退していく運命にあった。そして、ロシアのプーチンが予測していたような世界が訪れたのだ。それは米国の狂気の指導者による第三次世界大戦への突入。プーチンは核戦争に備え、モスクワ市民を守る為の地下核シェルターを既に構築していた。既に2016年に核戦争への体制は整えていたのだ。アメリカが仕掛けてくれば報復する体制はもちろんのこと、敵対する国への先制攻撃も整えていた。

 

アメリカ合衆国と英国はイスラエルに懇願され、テロ組織ISISイスラム国を創設した。ユダヤの国家を守るためにISISに軍事支援を開始したのだ。2017年ISISは、オバマ氏と国防大臣であったクリントンの二人によってアサド政権を倒すために創られた組織であることが暴かれた。世界を味方につけようと米国工作員により欧州および米国内でのテロを指示していたことも明らかになった。ロシアと国交断絶させる為に「アラブの春」も米国の策略だった。

 

ロシアとシリア同盟国が勝利した瞬間であった。世界は米国と英国を非難していたが、力でねじ伏せようとトランプ大統領が戦争への火蓋を切ったのだ。

 

世界の米国同盟国は次なるリーダーがロシアであることを確認したのである。日本も米国からロシア・プーチンとの親交を深めていった。アメリカはトランプにより既に世界から信用を無くしていた。台頭する中国はアメリカの衰退で活路を見出していた。ところが、北朝鮮の偶然なる弾道ミサイル発射ミスで、米国AK本土を爆撃してしまった。北朝鮮を支援する中国軍部と非難する政治家での混乱が続き、軍事クーデターが発生した。

更に複雑なことに、米国のトランプ大統領は北朝鮮への報復で平壌へ核ミサイルの発射を命令したのだ。

2017年・・・混乱する世界

 

f:id:ogasha:20161011212927j:plain

 

※この小説は一部ノンフィクションを含んでいる。

 

 

ogasha.hatenablog.com

 

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com