タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

小説2 キューボール

野沢加奈枝は、つくばみらい市の日本化学生物研究所で実験をしていた。

医学博士号を持つ彼女は、ほぼ毎日を自分の研究室で過ごしている。

彼女の容姿は凛とした美しさが漂っていて、白衣が更に女優のような容姿を際立たせていた。

米国のハーバード大学で再生医療を研究していたエリートでもあるため、声をかける男性は研究所内でも限られていた。

 

「先生、今日は金曜日ですよ〜デートとかしないんですかぁ〜」助手の今村彩花が、時計をちらりと見ながら声をかけた。約束の時間があるらしい。

「あぁ!彩花ちゃん、ごめんね、もういいよ。私はもうちょっとだけ仕事して帰るから、デートでしょ!楽しんでね!はい、お疲れ様!」

「先生、先は長いんですから根詰めたらダメですよぉ〜、じゃぁ、帰りますね〜、お疲れ様で〜す」

彩花は舌を出して照れたような仕草で、ドアの認証機器に瞳と指紋認証を済ませ部屋を出ていった。

 

 

独り研究室に残った彼女は深いため息を漏らした。

 

そして静まり返った研究室で彼女は顕微鏡を見つめていた。

 

フラスコでお湯を沸かし、紅茶を淹れる。

窓から星空を眺め、ぼんやりとしながらVAPEを燻らせた。

 

1時間程して顕微鏡を覗くと細胞に緑色が光りだしていた。

そして独り言をつぶやく。

「ついに分裂が成功したわ」笑顔は一瞬で消え再び険しい顔になる。

 

彼女は顕微鏡からPCに記録されたデータをフラッシュメモリーカードに移行し、自分のスマホにセットした。

同時にPCに記録されていた実験データを全て消去し、細胞を焼却装置にシャーレごと入れて灰にした。

 

彼女は白衣を脱ぎ、革ジャンとデニムに着替え、化粧を直して研究所を出た。

研究所の守衛は彼女の乗ったハーレーダビットソンに敬礼し、スイッチを押して門を開けた。

「お疲れさまでした!」

「お疲れさま!」彼女は笑顔で応えた。

ハーレーに乗った野沢は研究者用住宅ではなく高速道路に向かって走った。

 

月が照らす道沿いには桜の花が咲いている。そして走り去るハーレーの後方では桜が散り、花弁が彼女を恋しいように追いかけているようだった。

 

流星が夜空にいくつも流れた。そのひとつの流星は激しい光を放ちながら地上に接近していた。激しい衝撃で筑波山の近くに落ちたようだ。流星が墜落した衝撃で周辺の桜の木が倒れていた。

 f:id:ogasha:20161027204500j:image

 

彼女は流星に気づく様子もなく高速道路から東京に向かってバイクを走らせていた。 

 

桜は優しく彼女を見つめている。

桜は花が咲けども自ら子孫を残すことができない・・・ 

f:id:ogasha:20161027192937j:plain

 

www.zerokaranoblog.com

www.zerokaranoblog.com

www.zerokaranoblog.com

www.zerokaranoblog.com

www.zerokaranoblog.com

www.zerokaranoblog.com

ogasha.hatenablog.com

ogasha.hatenablog.com