タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

英BAT社が加熱式たばこで日本参入

ガラパゴス化の日本たばこ市場

昨日、英国BAT社が加熱式たばこで日本参入との発表を行った。

「glo」グローというブランドだ。

 ケントのステックタイプで420円、iQOSより40円安い。世界たばこ市場で3位のBAT社はVAPE市場では1位を誇る。

12月12日より仙台市限定で8000円で売り出す。連続で35本を加熱できる為、チェーンスモーカーにとっては嬉しい。

スティックの充電時間がどの位かが気になるが。

 

世界はVAPEが席巻し、葉タバコの需要が激減している。何故、日本参入なのか?

日本は規制大国。リキッドのニコチンを許可することは永遠にないと読んでいる。

ガラパゴス化の日本で世界で暴落した葉を加工して売れば利益が見込めるからだ。 

 

フィリッモリス社、BAT社の加熱式たばことJT社パイプたばこの戦いが来年より始まる。

 

正直に言おう。

VAPEのニコチンリキッドを日本企業が品質保証して製造販売すれば世界で席巻できる。

規制緩和を薬事法で申請可決する方向へ日本は進むべきである。

ガラパゴスの加熱式たばこもパイプ式たばこも不要なのである。

f:id:ogasha:20170924101638j:plain