タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

VAPEが無臭であるという記事を訂正する

電子タバコVAPEは無臭ではない

電子タバコVAPEを無臭であるという記事を自分自身も書いてきたが訂正する。身近に狭い空間であると甘い香りがする。紙煙草のような嫌な臭いではないが無臭ではない。香りという表現が正しいのであろう、アロマのような感覚と思っていただければ分かりやすいのではないだろうか。

 

蒸気自体は無臭ではあるが、電子タバコVAPE自体からペイパー・リキッドの香りがするのである。今日はVAPEを勢いよく吸う方の隣にいて自分はiQOSを吸っていたのだが爆煙と共に甘い香りが周辺に漂ったのだ。通常、紙煙草を吸っている人にはこの香りは感じないのではないかと思う。しかし、自分はiQOSにして3ヶ月経つので臭覚が正常に戻り、僅かな香りでも感じてしまうのだ。

 

VAPEは無臭という一般的なステレオタイプの記事が掲載されているが、自分も含めて訂正しなければならない。 

つまり、VAPEは周辺に甘い香りを放出してしまうことを認識しなければならない。

 

したがって、将来日本でNO SMOKING/VAPING OKと看板を出すお店も香りという意味では、嫌がるお客様も出てくることをあらかじめ覚悟しておかなければならない。

 

香水のキツイ女性の隣で食事をしたくないという例えが正しいかどうかは分からないが、気になる人には敬遠される可能性が高い。自分自身も紙煙草をやめてから香りという感覚に敏感になってきたからであり、気にしない人には何も問題は発生しない。

 

電子タバコを路上で吸っても良いのかということに関して言えば、日本で唯一横浜市が条例で禁止をしている。但し、これはiQOSのような加熱式タバコのポイ捨てを禁止する意味を含んでの罰金規制だ。では、VAPEやパイプたばこは規制に入るのか?ポイ捨てする部分がないのだから。

 

いずれにしても「VAPE」や「パイプたばこ」そして「加熱式たばこ」は路上で吸うことが日本ではあまり良い印象を与えないという理由で禁止される可能性が高い。

 

新橋で外国人が歩きVAPEをしていた姿を見かけたが、誰も注意する理由が見つからない。こうして、欧米人が日本に来てVAPEを路上で吸い始めると自治体の規制も何となく無くなっていくのだと思う。

 

JTプルーム・テックは完全無無臭であると聞いている。

まあ、規則に厳しい日本でもJT「パイプたばこ」は許して欲しいと思う。 

 

12月に入手予定のJTプルーム・テックが待ち遠しいのである。

f:id:ogasha:20170924103307j:plain