流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅するフラッシュパッカー ゼロからのブログ

ミステリー小説について 御手洗潔シリーズ

島田荘司の本について

 f:id:ogasha:20161124205420j:image

島田荘司の本を全て購入してきたつもりでいた。

そして、「写楽 閉じた国の幻」以来しばらく遠ざかっていたのだ。

 

-----------------------------

先日、本屋で文庫本を眺めていると「島田荘司・・・完全改訂版」という新刊が出ていた。

「完全版かぁ、今までよく買ってたなぁ」と昔を思い出していた。

「完全改訂版だから今回はいいかな」

「んっ、星籠の海 探偵ミタライ?」6.4Sat 映画公開と帯に書いてある。

「ははは、島田先生は決して映画化はしないって、そう書いてたよな」文庫本を手にとって見る。「本当だ!映画化されてんだ!」既に2015年「傘を折る女」でドラマ化していたのだが・・・

早速、4冊を購入した。

  • 星籠の海 (上・下)
  • 御手洗潔と進々堂珈琲
  • 御手洗潔の追憶

第1刷を手に入れることができた。

 

amazonからキンドル版も発売されていることを知った。

 

先ほどamazonで検索すると・・・

 

ドラマ化決定! 名探偵・御手洗潔シリーズ ガイドブック Kindle版 無料

 

思わず自分のKindleにダウンロードした。

御手洗潔シリーズ恐るべし。一部のマニアしか読まないものだと思ってた。

そして、あれほど恐ろしい数々の内容を映像化してしまうのだろうかと不安にも思うのだ。

 

さて、書評です。

  • 「星籠の海 (上・下)」

御手洗潔が日本の瀬戸内海で活躍してスウェーデンに帰ります。

国際宗教家との戦いで奇跡的な結末です。普通なら逃げられているでしょう。

御手洗潔シリーズを読んできたファンは呆気にとられました!

「もう、どうなってんですか!」

 

 はい!次行きましょう。

  • 御手洗潔と進々堂珈琲

京大医学生のミタライ時代ですね。世界一人旅のミタライの話も入っていて良かったです。桜の木が自ら子孫を残せないんだとこの本で分かりました。自作で参考になります。

 

  •  御手洗潔の追憶

御手洗潔にまつわる雑記です。レターが中心です。軽くて良いです。

こうして久しぶりに「御手洗潔シリーズ」を読んでみた。

 

「あれ!前読んできた印象が違うぞ-----これってどうなの?島田センセーはどこ行ったんですかー!」

 

「眩暈(めまい)」がするのであった。