タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

IQOS VS. Ploom TECK

外ではIQOS、室内ではPloom TECK

IQOSはポップコーンみたいな匂いがするが、PloomTECKは無臭に近い。

数ヶ月併用してきたがその結論を話したいと思う。

 

喫煙所でIQOSを吸う人が増えてきた。チェーンスモーカーの自分はIQOSを2個持ちしている。更にスーツの内側にあるペン差しにはPloomTECKを忍ばせている。

流石にPloomTECKを喫煙所で吸う人は少ない。場違いのような気がする。

なぜ、喫煙所ではPloomTECKを吸うのが難しいのか?

それは。タバコとは無縁の産物だからだ。別にオフィス内で吸っても構わないようなモノだからだ。禁煙パイポを咥えて仕事をしているようなものだ。

 

f:id:ogasha:20170127202446j:plain

f:id:ogasha:20170127202538j:plain

f:id:ogasha:20170127202622j:plain

IQOSはどちらかと言うとタバコに近いし、匂いもするので喫煙所行きが理解できる。

 

更にVAPEはどんな立場かというと、両方に適していない。煙の量が半端ではないので臭わなくても周りの人が避けていく。これはまるで犯罪者が大麻を吸っているのを避けようとしている行動に近い。

f:id:ogasha:20170127203101j:plain

オフィス内の休憩室でPloomTECKが認められれば働き方改革もうまくいくかもしれない。勤務時間の休憩を換算して、残業申請が許可されるようになるだろう。当然PCログが取られ生産性がどうなのかといった評価も付け加えられる。

 

厳しい時代になって来たものだ。管理職は時間管理には関係ないと言うけれど、部下に行動監視され、居心地の良い職場ではなくなることは間違いない。管理職は残業手当なしの過酷な24時間雇われ店長化する可能性が高い。

 

だから、室内で喫煙できるPloomTECKと外で空気を吸うためのIQOSの2つ持ちが正解なのだ!