タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

海外移住に関する諸手続き

海外転出届に携わる住民税等について調べてみた

 

海外転出届に必要な書類

  • 身分証明書
  • パスポート・ビザ
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 住民基本台帳
  • マイナンバー個人番号カード

 

渡航14日前から受付可能だ。

 

住民税は1月1日に住んでいる国によって6月1日~翌年5月末までの期間で徴収される。つまり、12月までに海外転出届を終えて12月中に海外に渡航しなければならない。

 

日本国内で不動産などの収入がある場合には納税管理人を申立申請しておかなければならないとある。

 

f:id:ogasha:20170306212846j:plain

海外への円建て送金について 

海外で口座を作って日本から送金する場合には限度額が存在する。

コンドミニアムを海外で購入する場合などには重要項目だ。

 

ネットバンクが手数料や諸費用含めて一番安いのだが、限度額に違いがあることがわかった。

楽天銀行 1回100万まで 1ヶ月200万まで 1年500万まで

三井住友銀行 1回300万円まで 1ヶ月500万円まで

三菱UFJ銀行 1回100万まで 1ヶ月500万円まで

 

ネットバンクが手数料が安いので良いかと思ったら限度額があるため複数回の振込手数料が発生することを考えると大手都市銀行からの方が安くなるのではないだろうか?

特に1千万円以上のコンドミニアムを円建て送金する場合などは考慮が必要になる。もちろんプレビルドで毎月の送金ではネット銀行が有利なのかもしれないが新築・中古を購入する場合には注意が必要だ。

f:id:ogasha:20170306213101j:plain

プレビルドはなかなか竣工が計画通りに行かなくて、環境影響評価(EIA)の許可が下りなくて工事がストップしている物件もある。

まぁ、建ってから購入が基本だと思うので大金を送付することになるかと思う。

そして500万円の限度額の壁があることを知った。

解決案はまだわからない。各銀行から複数回に分けて500万円を振り込むのだろうか?

中国などでは海外不動産を買い漁ってきた経緯から、中国政府が中国本土からの現金持ち出しや振込規制を厳しくした。

ロシアに引き続き、中国人購入のパタヤ辺りの物件が投げ売り状態になってきている。

 

日本はマイナンバーから全て追跡されているので税務署には「国外送金等調書」を提出しなければならない。(メン・ドー・ダー)

 

円の現金を海外に持ち込む場合

日本の成田空港・羽田空港で赤ランプの「申告あり」に行って「○○○万円」持ち込みますの申請をする。到着したら「外貨持込表」を貰うために税関に申告します。

そして、あのスーパーリッチに行って両替をして銀行に向かうことになります。

 

銀行口座開設

  • パスポート
  • 国際運転免許書・日本の免許証
  • 泊まっているホテル
  • お金

ネットではタイの日本大使館に行って運転免許証抜粋証明が必要とあるが? 全くの不思議。タイ免許証も取得しておくにはとか。ああ~なんか色々情報錯乱していてわかんないわ!

 

口座開設理由はワークパミット・NON−Oリタイアメントビザ・コンドミニアム購入とか留学だと思う。更に証券会社ならもっと簡単とか色々な情報がネットに流れているので混乱極まりない。

 

銀行口座開設できなかったら諦めて日本で暮らそう。

 

なんてことにはならない。業者に頼めは簡単になんでも取得できる国だから。

お金だけの世界なんですね。タイってお国は!