流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅するフラッシュパッカー ゼロからのブログ

楽天銀行の口座開設をしてみた

楽天銀行からキャッシュカードとセキュリティカードが届いた

  f:id:ogasha:20170308214623j:image

 

クレジットカード機能を申し込んでいたのだが何故か審査落ちしてしまったのだ!

 

「はじめてJCBで落ちた、この審査ってどういうこと?」

 

ネットで調べると楽天クレジットを持っていながら他社クレジットをメインに使っている人は例え年収が高くても審査落ちするとかが書いてあった。

確かに楽天市場は利用するが楽天カードは楽天toto以外使ったことがない。

でも、カードを持ちすぎていることも事実で海外ではJCBなど使うこともないので良しとしよう。メインはVISAゴールドカードだ。

 

楽天銀行の口座を開設して、「海外振込」の新規申し込みをする。

楽天銀行アプリからスマホのカメラを使ってマイナンバーと運転免許証を撮影して送付した。

1回で100万円まで年間で500万円までしか送金できない。やはり、楽天銀行からの送金は海外での生活費や学費などに使うのが目的なのかもしれない。

 

1000万円以上のコンドミニアムを購入する際は、大手都市銀行かゆうちょ銀行から1ヶ月の限度額500万円を複数月かけて送ることになるのかと思う。現金持込の税関申請ではコンドミニアムは登記できないので注意が必要です。

 

現地の詐欺不動産はこの限度額を利用して期日までに送金できなかったことを理由に契約破棄でお金をだまし取るそうだ。契約書内容を含めて振込最終締月には気をつけましょう。

 

タイのコンドミニアムを調べていくと、50年で土地の利用権が失効して建物(コンドミニアム)を壊せる権利が地主にあるなど、恐ろしい記事を発見した。軍事政権によって固定資産税が先送りになったが、何が起こるかわからないのがタイなので、色々情報を集めていきたいと思う。50年後は生きてないけどね。

 

f:id:ogasha:20170308221528j:plain