流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅しています。いつしか世界中を巡り自分の居場所を探し出したいと考えています。 

旅すること

人生で一番幸せな時の流れ

新生銀行を開設してみた

海外に一番強い銀行を調べていくと新生銀行に行きついた

 

インターナショナルキャッシュカードや海外送金の利用には別途マイナンバー類の書類コピーを提出する必要がある

 f:id:ogasha:20170417125505j:image

楽天銀行は入金額でさえ最低3万円以上でないと手数料を取られてしまう。ネットで検索すると楽天銀行の評判が悪すぎる。10万円の預入金がないと引出さす際にも手数料がとられてしまう。ネット取引場では便利な銀行だと思う。しかし、来月には預入金10万円を手数料無料で引き出したいと思う。

 

新生銀行は店舗もあり入出金手数料が無料。海外送金にも強い銀行だというネット情報だ。「スタートアップ円定期預金」では当初3ヶ月の月末日20時までの間、店頭・インターネット・コールセンターにて預入すれば年金利0.50%(税引後0.3984%)がつく。しかし、基本はネットバンクであることは間違いない。

 

海外送金には以下が発生する。

1.送金手数料

2.中継銀行手数料

3.受取銀行手数料

4.為替手数料

 

高額なら新生銀行パワーフレックスにて窓口海外送金が一番安くなる。

 

ケースバイケースにてどこの銀行が一番お得になるかが変わってしまう。

 

ゆうちょ銀行もなかなか良い。

 

三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口も良い。

 

楽天銀行

新生銀行

三菱東京UFJ銀行

ゆうちょ銀行

三井住友銀行

結論

全ての銀行口座を持って必要な金額によって銀行を使い分ける。

 

海外不動産投資や住居用コンドミニアム購入時には慎重に。

f:id:ogasha:20170417130106j:plain