流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅しています。いつしか世界中を巡り自分の居場所を探し出したいと考えています。 

旅すること

人生で一番幸せな時の流れ

amazonプライムビデオ バーバーと追憶の森

amazonプライムビデオを今日は観ていた

 

外は曇っていて寒い

 

何故かとても眠いんだ

 

淀んだ空気の中で虫達の行動が鈍くなっている

 

世界を旅している金丸のブログを久しぶりに読んだ

 

アフリカにいる

 

元気そうで安心した

 

奥さんと世界一周の旅は続いているんだ

 

YouTubeで佐藤龍一さんのライブを聞く

 

今日は勝田台で20時から「ひみつきち」でライブだ

 

聞きに行こうか

 

・・・・・・

 

時は流れ、いつしかホテルカルフォルニア 囚われの身

 

 

バーバーという白黒の映画を観た

 

f:id:ogasha:20170422185430j:plain

 

床屋の主人公が電気椅子に座るまでのストーリー

 

寡黙で煙草を吸い続ける映像には現代の時勢との乖離が脳裏に焼き付く

 

愛することと結婚生活の剥離世界

 

観終わった時の虚脱感は計り知れなかった

 

そして何気なく続けて観た映画も衝撃的

 

「追憶の森」

 

f:id:ogasha:20170422185808j:plain

主人公は大学の安給料の講師

 

妻は不動産販売にて過労気味でアルコール依存症

 

絶え間ない夫婦の軋轢の日々

 

主人公の妻が脳の腫瘍手術を乗り越えて回復まじかなのに救急車に乗って移動中の交通事故死

 

つらすぎる

 

やがて、死を見つけに旅する主人公は日本の富士山麓へと行きつく

 

死との遭遇

 

霊会案内人のような人物と出会い我が人生を振り返りながら生還する

 

この二つに共通するストーリーは「死」だ

 

「灰になる前に、灰になる前に、灰になる前に」唄い続ける金丸ライブ

 

いつか人間は死ぬ

 

その前に、その前に、その前に

 

やり遂げることがある

 

人は何かをやり遂げるために生きている

 

生きていかなければならない

 

例え何の為に生きているのかすぐに見つけられなくても

 

追憶の森

 

「会社で事務職に飛ばされた」という理由で樹海に入った日本人会社員に主人公は「仕事のために死ぬのか?」と聞いた

「家族を養わなければならないから」と日本人は応える

「信じられない、そんなことで死ぬのかと」・・・・・・アメリカ人は異常を感じる

「文化の違いだ」と日本人は応える

 

文化の違い

 

生き方の違い

 

生命とは何かを感じて生きることの意味を失った文化

 

世界を旅する日本人の金丸でさえ、アフリカ文化に触れて人間の価値観が何なのか迷ってしまうほどの差異がある

 

人間の価値観

 

生きていて愛する人の喜びを自分の幸せと感じることが真理

 

でも、それができない

 

だから、現代人は孤独な生き方を好むようになった

 

一人旅

 

世界を自由に気ままに旅する

 

旅で出会った友人

 

そして別れ

 

愛する人

 

魂はいつしか安らぎを求めていた

f:id:ogasha:20170422191653j:plain