タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

藤井聡太四段の将棋をきっかけに一日中AbemaTVで「将棋」番組を観てしまう原因

休日を過ごす時間が短くなったような感覚がある。

そのきっかけは藤井四段の将棋が原因であることは明白なのである。

29連勝後の30勝目をかけた佐々木六段(昇段)との竜王戦決勝トーナメントから筆者の様子がおかしくなってきた。

またしてもAbemaTVで佐々木六段と久保王将の戦いを一日中観戦してしまった。

とにかく面白いのである。

元々筆者は振り飛車党である。

尊敬する久保王将戦には関心があった。

佐々木六段の1三銀不成には藤井マジックのような手で驚いたのだ。銀のタダ捨てである、藤井四段も「炎の七番勝負」で*2二銀不成のタダ捨てがあって、その後妙手として勝利した記憶が蘇ったのである。

*神の手とされた。

 

藤井四段の30連勝を阻止した佐々木六段であったので、この勝負も神の手で勝つのではないかという胸騒ぎがしたのである。

佐々木六段の棋風からするとはっきりとした勝勢から急に悪手を繰り出して形勢互角や逆転負けをするような傾向があることを棋譜にて調べていた。

 

ジュネーブ生まれの埼玉県育ちでおモチ好き。イケメン22歳ホープの佐々木勇気六段である。

news.ameba.jp

 PCは1日中AbemaTVが流れているような状況だ。メール確認や調べ物はMacBook ProとiPhone7で処理している。

f:id:ogasha:20170720210335j:plain

こうなると既に将棋観戦に夢中になりすぎて時間の間隔を失うのである。朝10時から気がつくとお昼休憩になり、夕方に夕食休憩になり、やがて投了後のPM10時頃にかけての感想戦へと突入していく。

 

なんだろう。この数ヶ月はバイク(Kawasaki Ninja250SE)に乗れていないのだ。暑いというのも影響しているけど寒いときにも乗っていないしね。日本でバイクを快適に乗れる季節は限られているのかもしれない。(Suzuki原付バイクは毎日乗っているが)

f:id:ogasha:20170720211006j:plain

ソロキャンプに行くきっかけを失ったのは間違いなく将棋に深く入り込んでしまったからである。(言い訳だと思うが)

 

将棋は筆者の記憶を蘇らせてしまった。

藤井四段の次の対局が気になってしょうがないのである。

15歳になった成長棋譜を観たい。

棋譜をPCで並べてコンピュータAIに評価をさせるのも面白くてやめられない。

大盤解説者のプロ棋士の読みも同時進行して観ていると何が正しいのかが判断できるようになってきた。

f:id:ogasha:20170720212046j:plain

いかがでしたでしょうか?

藤井四段のプロ誕生からの快進撃に日本中が注目を集め、将棋観戦の新たな楽しみをAIを使って1日を過ごしていく。

バイクで遠出するより魅力的である藤井四段の対局は筆者のライフスタイルまで変えてしまったのである。