タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

KAWASAKI Ninja250SE との別れ

2014年9月に購入したKAWASAKI Ninja250SEを売却した。

去年の秋頃から急に身辺での慌ただしさにバイクを乗る機会が急激に減っていった。精神的にもかなり衰弱していって、家に閉じこもることが多くなった。

 

愛バイクとソロキャンプに行くきっかけを失ったのは大きなダメージになったのだが、保険等の更新も迫っていたので、昨年暮れから考えて今年の8月までに売却しようと思っていた。

 

いざ、ショップへと進む道のりでは売却を躊躇するほど心地よい加速と風の流れを感じていた。やはり売るのを止めようかと迷った。

 

しかし、乗る機会が急激に減っていったことで維持管理する困難を考慮すると売却するしかないのだ。

 

愛バイクを購入したショップにて予約していた査定を受ける。店長から30万から35万の間になりますが、ご希望額はありますか? と聞かれる。筆者は38万円と想定していたことを伝え、ショップでの査定を待つことになった。

 

お客さんがバイクを見に入ってくる。Ninjaの特別仕様のバイクを見ては写真を撮っていた。きっと購入を検討しているのだろう。

 

f:id:ogasha:20170729191720j:plain

店員に値段を聞くと中古で68万円と言っていた。筆者が2014年新車で購入したときも確か同じ位の価格だったと思う。

 

査定が終了した。

 

36万円。少し安い気もした。

3,200km位しか乗っていないのだから。

 

「いいですよ」私は躊躇することなく応えたのだった。

 

さようなら、今までありがとう。

 

f:id:ogasha:20170729192246j:plain

優しいご主人と出会えるように。

 

いかがでしたでしょうか?

 

愛バイクを売るのはとても悲しい気持ちになります。でも、いつかは手放さなければならない時が来るのです。

 

出会いと別れは人生の節目なのです。