流星 おがしゃのブログ

冒険という夢を追いかけて世界を旅しています。いつしか世界中を巡り自分の居場所を探し出したいと考えています。 

旅すること

人生で一番幸せな時の流れ

空白な時の流れ

日本の社会常識は世界から閉鎖されていることを認識してますか。

 

日本社会は常識という息苦しさの中で若者が自由を失い、己をも失いかけている。社会人になろうとしている若者は日本社会の常識を知らないという理由で就職ができない。もしくは例え就職できたとしても「ある事実」を理由に懲戒免職という社会である。

 

海外の企業ではありえない理由で採用しなかったり、発見されれば退職させるのが日本社会の一般企業と公務員社会である。公的な施設の入場を断り、医療の診察をも断わられる。

f:id:ogasha:20170806165549j:plain

この事実を知らずに若者は安易に体を傷つける。

 

実力社会であるが故に、エスカレータの道を絶って世界の荒波を乗り越えていくだけの勇気が必要なのだ。学ぶこと。一生懸命に社会を学ぶこと。

 

お金を増やすことを学ぶことを日本人は軽視している。大学から大手企業に就職もしくは公務員になる道は老後を約束されたエスカレータを登りきればいい。でも、その道に登れないことを悟ったらなば、自分で仕事を覚え、後に経営していくという目標を立てて学んでいく知識が必要になる。

 

マーケティングの世界で言えば、日本の少子高齢化によって国内で仕事をしている価値は社会保障制度だけである。それも今日では絶対的には保証されていない。

 

より多くのチャレンジをしたいのであれば海外進出を計るほうが夢を追いかけられる。

 

そうなんだ。日本は夢を追いかけられなくなった。死んだ魚の眼をして毎日満員電車に乗って疲れ果てて会社に出社する。会社はロジカルシンクのない「空気をよめ」でつまらない仕事が終了する。

 

会社とは「頭が良い人ほど」苦しいのではないだろうか?

 

不祥事を起こす大企業は至って日本文化そのものの結果だ。

 

若者たちが日本から脱出しているニュースを読むことが多くなった。魅力を失った日本は「観光地」として老人が案内する。外国人が日本に移住する道があるのかもしれない。

 

優秀な日本の若者が全て海外に消え去った時に「この国」は終焉を迎える。

 

筆者も海外で生きていく計画を持っている。その時、日本の若者と一緒に海外でビジネスを立ち上げられれば良いと思っているのだ。

 

生きていくということは苦行だけではない。

 

明るくて楽しい笑いが自然と起きるような「空白の時の流れ」が人間には必要なのだ。

 

「なあ、川を眺めながらのんびりとビールでも飲もうじゃないか!」

 

きっとうまく、きっとうまくいくよ。

f:id:ogasha:20170806165506j:plain

f:id:ogasha:20170806170511j:plain