タイライフ おがしゃ

THAILAND LIFE OGASHA 旅すること    ー移住までの記録

MENU

タイのコンドミニアム調査 #4

KnightBridge Prime Onnut

今回はオリジンプロパティと野村不動産の共同プロジェクト3つ内の1つをご紹介します。場所は現地採用者の日本人が多くが暮らすオンヌット駅周辺になります。

f:id:ogasha:20170824180506j:plain

オリジンホームページのタイ&英語サイトでは既に概要が発表され9月の16−17日、ParagonHallでプレセールが行われるようです。多分盛況のうちに人気のユニットから予約されて、完売に近い状況となるでしょう。

残念ながら日本語サイトは更新が遅れがちで情報が掲載されていません。9月24日に タイ不動産セミナーを日本で開催するようです。本気で買いたい方は現地に行かれるべきでしょう。

f:id:ogasha:20170824181233j:plain

バイクがカッコいいですね。

f:id:ogasha:20170824182734j:plain

タイ語サイトで詳細が既にアップされていたので紹介します。

f:id:ogasha:20170824181354j:plain

f:id:ogasha:20170824181416j:plain

 

f:id:ogasha:20170824181842j:plain

f:id:ogasha:20170824181454j:plain

f:id:ogasha:20170824181513j:plain

 

f:id:ogasha:20170824181751j:plain

 

220万バーツから22sqmのスタジオルームが購入できるようです。景観用プールもあるようです。大きなプールは期待できません。

オフィスやホテルとして活用できるフロアーが主に目的で分譲するようです。

そういう意味では投資家向けの目的が大きいような気がしています。

 

実際に現地を視察しました。

f:id:ogasha:20170824182928j:plain

セールスオフィスが建設されています。

f:id:ogasha:20170824183037j:plain

f:id:ogasha:20170824183126j:plain

f:id:ogasha:20170824183211j:plain

場所的にはBigCが駅方向に直ぐあります。目の前が交通量の多い道路ですから騒音は覚悟しなければならないでしょう。

防音サッシが採用されているかを確認しておいたほうが良さそうです。

階は上層をお勧めします。最上階はバーラウンジになりそうです。オフィスが入るので人の出入りは多いと思います。ホテル併設なので住居として暮らすのか投資として出資するのかという判断になるかと思います。

 

日系不動産会社がタイのディベロッパーと組むのはお金だけなので、日本人向けのバスタブや日本人的快適さはないと思ったほうが良いと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

最近頻繁に日系企業とタイの不動産での合同プロジェクトのニュースが発表されています。しかし、実態は金利の低い日本企業からお金を借りているだけということで最終的な竣工引渡し時にトラブルを抱える物件が発生しています。日本企業の信用を取り戻すべく、竣工後の保証を日本企業に負って頂きたいと思うのは私だけではないでしょう。

 

ベーリングのオリジンプロパティ・ギャラリー&本社にも訪問しましたが、例の黒マスクで旗振りしているオフィスでは掃除のおばちゃん以外誰もいなくて、ようやくスタッフが出てきたと思ったら英語もできない外国人対応で適当なWebサイトを止めてほしいです。(旗振りバイトが邪魔で旗が自分に当たり苛立ちました(泣))

Webニュースの会員登録でエラーが出るのもなんとかして欲しいですし、本当に野村不動産はよくこんな3つのプロジェクトに投資したものかと疑問です。

 

途中で疲れてランチ

もう二度とこの会社に足を運ぶことはないでしょう。

f:id:ogasha:20170824185138j:plain

f:id:ogasha:20170824185235j:plain

グッラッ♪