タイライフ おがしゃ

THAILAND LIFE OGASHA 旅すること    ー移住までの記録

MENU

タイの高層コンドミニアムの傾向と対策

タイ人が高層コンドミニアムを購入する時の傾向

タイでは企業の株式出資率でもコンドミニアムでも購入外国人枠が49%と定められている。看板もそうであるがタイ語が上で外国語が下の看板は看板税が安いが、外国語が上になっている看板は税率が高い仕組みだ。常にタイ王国が上位であるというプライドを理解しておこう。

f:id:ogasha:20170904195212j:plain

タイの人が高層コンドミニアムを購入する傾向としては低層から予約を入れる傾向がある。逆に49%の外国人枠では高層ユニットから外国人は購入していく。

 

高層になればなるほど金額が上昇していくのだが、基本的にタイの人は高層住居を怖がるのだ。今まで高層といえばせいぜい6階まで地上20階以上ともなると未知の世界となるため敬遠する。

 

そのため、コンドミニアムの予約状況を眺めていると低層と高層から予約販売がされ丁度中間層が売れ残っているのだ。

 

高層のユニットが売れ残っている場合には外国人に人気のないコンドミニアムということになるので注意が必要である。

f:id:ogasha:20170904195915j:plain

そして人気コンドミニアムは上層と低層が埋まると購入希望者は焦りだして中層を購入していき、最終的に完売するというパターンになる。

 

即日完売のコンドミニアムはとりあえず空いているユニットから予約を入れて転売を図っている傾向がある。

f:id:ogasha:20170904200202j:plain

バンコクの日本不動産は購入者からも販売価格から3〜8%の手数料を取りながら売り手からもしっかり3%の報酬を受け取るので合計6〜11%の売上利益となる。

日本でいう違法の「両手」である。

これに騙される日本人が多数いるので警告しておきたい。

 

タイ人はコンドミニアム購入をゲーム感覚で行っている。簡単に言えばダフ行為だ。外国人に人気のあるコンドミニアムを予約しておいて予約権を高く売りつけるのだ。

 

こんなカラクリがあることを覚えていて欲しい。

 

したがって、まっとうな仲介業者もしくはデベロッパーとの直接契約などの情報を集めてから検討されたいと思う。

日系不動産と現地デベロッパーの共同プロジェクトこそ慎重になるべき必要性が高い。

f:id:ogasha:20170904201620j:plain

いかがでしたでしょうか?

世界の不動産業界の情報収集や現地での地元の方の評判、そしてWeb情報からの投資物件としてではなく、自分の足で現地に行って調べる努力をしない限り世界では勝ち残れないと思うのです。

多くのお金を持っていようとも実際に自分の目で見て確かめるという行為がいかに大切かということを知ってほしいと思います。