タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

タイ BTSを乗るならラビットカード

タイのBTSに頻繁に乗る方はラビットカードを購入しよう

筆者はバンコク銀行のキャッシュカードにラビットカードとデビットカードが付いているので、BTS窓口で1000バーツをチャージした。

日本のスイカと同じようにショップでも使えてポイントが貯まる。

観光用のSIMカードもチャージすれば使えるようになる。

f:id:ogasha:20170919090310j:plain

f:id:ogasha:20170919090333j:plain

f:id:ogasha:20170919090356j:plain

もちろん、予めサイトにて自分の番号を登録しておく必要がある。

ツーリスト向けには別途、カードが販売されていてBTS使いたい放題という日数限定のラビットカードがある。

1年以上使用していないとカードの有効期限が切れてしまうので年に数回訪れる人には便利なカードだ。

 

いかがでしたでしょうか?

BTSラビットカードはMRT地下鉄には利用できないのでまだまだ不便ですが、利用者の声からスイカのように色々な交通機関で使用できるようになるかと思います。

特にMRTは大変混雑して3本以上電車を待たなければなりません。

切符自動販売機も窓口も混雑していて乗車コインさえ買うのが大変です。

伝統ある車掌の料金集めとハサミを入れた領収書切符? 

今後、市バスはカード利用にてワンマンバスへと変わっていくようです。

将来的にタイ・バンコク首都圏は日本社会と同じような交通機関ルールの仕組みを取り入れていくようです。

変化し続けるタイ・バンコクは見ていると楽しいですね。