タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

タイのコンビニ弁当と空弁当の比較

サワディカップ!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回はタイのお弁当について書きたいと思います。

 

タイへの日本人旅行者がコンビニ弁当を買って食するということは殆ど無いかと思うので記事にしたいと思います。

 

タイのセブン-イレブン(現地ではセブンで通じる)は切手みたいな割引券を酒類・煙草以外の買い物で発行してくれます。

知らないと「かわいい切手」とか思って、そのまま記念に財布にしまっていてはもったいないですよ。

スマホで切手を撮っとけば良い思い出になります。

f:id:ogasha:20170921192202j:plain

筆者はコンビニ弁当のガパオと水で47バーツが切手を使って35バーツになりました。

弁当は40バーツ水が7バーツです。*1バーツ3.3円換算

f:id:ogasha:20170921192612j:plain

電子レンジでチンしてくれます。

f:id:ogasha:20170921192723j:plain

日本で売っているガパオ弁当より断然美味しいです。なぜでしょう?

ちなみに会社近くにある日本のガパオ弁当(辛口)は680円程します。

タイでは目玉焼きはプラス5〜10バーツ高くなります。

f:id:ogasha:20170921193005j:plain

タイのオンヌット屋台は60Bでした。

バンコク郊外に行けば45〜50Bと思われます。

タイの田舎だと40Bです。

f:id:ogasha:20170921193654j:plain

タイでの消費者物価を調べる時には、その地域毎の同じ食事を頼めば大凡の賃金格差も推測できます。

コンビニ弁当が40バーツを記憶していれば、その地域のインフレ率が計算できます。

 

エアアジアX 空弁当の値段は250バーツでお茶付きなので実質200バーツ弁当で計算できます、ちなみに水が60バーツです。ガパオではないです。

この値段から先進国比較でちょっと高い空価格になっていますね。

f:id:ogasha:20170921194159j:plain

いかがでしたでしょうか?

コンビニ弁当価格から経済的視点でその国の地域別貧富格差を推測する手法です。

コンドミニアム価格調査する際に比較指針となる調査方法でもあります。

人口の密度や所得層を判断して賃貸料やホテル料金を算出する基礎計算にも使えます。

タイで豊かに生活していくためには、あらゆる情報を現地で足を使って集めるていくと自然と「どの街が魅力や成長性があるのか」が見えてきます。