タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

ツーリズムEXPOジャパン2017に行ってきた

世界各地から自国の魅力を競う祭典ツーリズムEXPOジャパンに行ってきた。

 

まずは気になるタイのブースを訪れた。

f:id:ogasha:20170922190419j:plain

資料を一式貰う。ブースはタイ国政府観光庁、タイランドプリビレッジカード、バンコク病院、タイ航空が出展していた。

 

今回はお金持ち向けの外国人タイランドエリートについて紹介しよう。

f:id:ogasha:20170922191544j:plain

f:id:ogasha:20170922191613j:plain

7つのグレードがある。

入会金は50万バーツから200万バーツ。年会費はランクで0から2万バーツ。

*1バーツ≒3.3円

5年から最長20年ビザ(5年毎更新)更新。

特典

1.空港からのリムジンサービス(トヨタ車だと思いますが・・・)

2.空港外の専用ラウンジ

3.近郊離送迎、長距離離送迎(ランクで回数制限付き)

4.無料ゴルフ

5.無料スパ

6.無料健康診断

7.90日リポート代行

8.銀行口座開設サポート

9.その他

 

自分で事務手続きするのが面倒なお金持ち向けですね。

日本人の多くは代行に頼む人が多いので需要があるのかもしれませんが、それにしても筆者の感覚からは掛離れた世界です。

 

f:id:ogasha:20170922192709j:plain

アフリカブースに行ってみました。

さすがにアフリカに住む日本人は少ないです。旅先の候補地でしょうか?

f:id:ogasha:20170922192818j:plain

国内ブースです。

秋田県は今後、少子高齢化の影響で人口がゼロになると予測されています。

秋田犬だけは欧州で人気があって生き延びれるのかもしれません。

f:id:ogasha:20170922193000j:plain

大分県です。温泉のメッカです。でも、外国人は裸で温泉に浸かるという習慣がありません。ジャグジーバスのような温泉が必要かと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

マーケティング戦略を生業としている身から今回の展示会を考察すると、日本人の発想がやはり世界感覚からどこか欠けていると思いました。

海外の出展者は日本政府機関から援助金を貰っているのでしょう。

彼らは仕事と観光と遊びを兼ねて日本に訪れていると思います。

航空会社と観光業界が躍起となるのは判るのですが、世界のLCC潮流は此処にはありませんでした。

もう、このイベントに訪れることはないでしょう。

f:id:ogasha:20170922193848j:plain