タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

もうお金がない!

今月は10月でユダヤ人からすれば種まきの季節が到来した。

 

秋に種まきをして初夏に売って1年の収穫を祝うのがユダヤの投資活動だ。

 

ところが筆者は「種まき」するための種を買うお金がない。

 

f:id:ogasha:20171007161745j:plain

司法書士やら税理士やらが詳細説明も無しで請求書を送りつけてくるのだ。

 

定期預金を崩して支払った時もあった。

 

しかし、もう限界だ!

 

なんでこんなにお金を先行して払い続けなければいけないのだろう。

 

まだ1円も現金が入っていないのに高額請求書だけが送られ続けている。

 

お金をサラ金で借りて支払えとでも言うのだろうか?

 

日本の税金制度は狂っているとしか言えない。

 

なんとか財布にある現金と借りたお金でネットで振り込んだ。

 

で、いつ自分の口座に振り込まれるの?

 

恐怖が自分を襲う。

 

財布にはもう6千円しかない。

 

給料日までなんとか過ごしたい。25日まであと何日だろう。

 

三連休? 

家でお金を使わずに過ごすしかない。

 

カード支払いなら何とか生きていけるだろう。

 

そうだ、本を読もう。

 

amazonのKindleで購入したカズオ・イシグロ「忘れられた巨人」

f:id:ogasha:20171005211320j:plain

「デボラ・ロジャーズ(1938−2014)へ」・・・って誰?

 

調べると英国の文学者だ。ソングライターになりたかった石黒氏が小説家への道を歩み始めたきっかけとなった人物だ。

 

筆者は幼少期には棋士を、大学ではシンガーソングライターを、米国大学院で起業家を目指し、挫折を繰り返しながら今はサラリーマンとして生きているが、生涯投資家を目指しているのである。

 

そんな訳で「現金なんてない」状況なのだ。

 

「もうお金がない!」

 

外貨ならあるんだけど。