タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

ついにタイの総選挙日が決定される

タイ軍事政権のプラユット首相が2018年6月に投票日を発表し、同年11月に投票が行われるという見通しを示した!

 

プラユット首相が米国を初訪問してトランプ大統領との約束が守られたようだ。

ついに、来年に総選挙が行われる。

新憲法下では上・下院の2院政で非議員の首相も認めるという。

要約すれば軍主導の政権が発足してプラユット首相の続投が可能な選挙となるようだ。

世界情勢からしてみたら安定した政権が継続でき、経済発展するのなら歓迎だ。

タイでは赤・黄シャツ政党による内戦が続いたので安定した政治を続けて欲しい。

 

今、タイでは故プミポン国王の服喪期間が10月29日まで延長された。既にタイのあらゆるホームページサイトは白黒で統一され、街を歩く人は黒の服装が多くなっている。

10月のタイ経済は一時的に停滞するであろうが、偉大なるプミポン国王の服喪期間なので国民の心を落ち着かせる必要がある。

 

国民に愛されたプミポン国王。日本からは名代として親交が深い秋篠宮ご夫婦が葬儀に参列する。本来であればタイ王室と関わりのある天皇・皇太子が参列しなければ失礼に当たるところであるが政府が閣議決定した。体調が悪いのかもしれない。

 

f:id:ogasha:20171010203644j:plain

プミポン国王は犬好きでも知られており、多くのタイ国民が犬を飼うきっかけとなった。多くの飼い主は放し飼にしているので噛まれると怖いのだが・・・・・・。

 

昭和天皇とプミポン国王はかなり親しい間柄だったらしい。二人は自然科学に研究熱心という共通点があった。

 

タイと日本は古来から親交が深い。

 

f:id:ogasha:20171010204409j:plain

 

いつまでもタイと日本の親密な交流が続いて欲しいと願うばかりだ。

 

ご冥福をお祈りします。