タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

中国支配が進む東南アジア

カンボジアは中国に乗っ獲られたかのような状況だった

 

日本はメコン川にカンボジア友好橋を最初に造った国であるが、隣には中国友好橋が張り合うように建てられている。

 

事実、中国経済の存在は大きい。2015年日本のカンボジアへの投資額は3900万ドル、対して中国は2億4100万ドルだ。

建設現場で働く人やその宿周辺には中国人向けの料理屋が存在している。まるで中国人がカンボジアに移り住んでいるような状況だ。

賄賂も旺盛でカンボジア政府機関は中国企業に骨抜きにされた。

日本企業が勝てる隙間はない。

 

ベトナムとの国境ではカジノが乱立しているが殆どが中国資本だ。

f:id:ogasha:20171011202711j:plain

カンボジアの通貨はリエルじゃなくて何故かUSドルが流通している。銀行定期預金も高くて1年で年利6%位もある。それだけ物価が上昇して、賃金も上がっているということだ。しかし、金融機関がいつ何時倒産してもおかしくない状態でもあるし、ペイオフがないので投機的となる。

旅行者でも口座開設が可能だ。興味がある方はプノンペンに行けば良い。

f:id:ogasha:20171011203020j:plain

のどかに牛の行列が過ぎていく。道路は舗装が一部で殆ど泥道になっている。

ゲストハウスもあるのだが、怪しい雰囲気がある。

f:id:ogasha:20171011203318j:plain

大丈夫だろうか?

ゲストハウスとは書かれているが。

 

バスに乗ってプノンペンの中国系の宿に泊まる。10ドル

f:id:ogasha:20171011204028j:plain

 

おっと! ここで王座戦の決着ニュースが!

中村太地 王座が誕生! 羽生さんタイトル失い1冠となる。

あれ? 形勢また逆転したような。

 

ということで、今日はこれまで!

f:id:ogasha:20171011204423j:plain

お疲れ様でした。