タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

シンプルに生きて 詩 #1

多くの人が人生の岐路に悩み苦しみながら選択する

 

「生きる」という黒澤明監督の映画あらすじを読んで。

 

涙を流しながらこの文章を綴っている。

 

物事を複雑に考えると混乱を招いていく。

 

人生はシンプルに生きるべきだ。

 

ストーリー

(ウィキペディアより要約)

市役所で市民課長を務める主人公の渡辺は無気力な日々を送っていた。ある日、体調不良で訪れた病院で軽い胃潰瘍と告げられるが、実際には癌に侵されていると悟る。

市役所を無断欠勤してこれまで貯めたお金をおろして夜の街をさまよう。

放蕩するが心には虚しさしか残らなかった。

市役所を辞めて玩具会社に転職しようとしていた女性の部下と偶然会い、癌を告白すると玩具を見せられ「何かを作ってみたら」と言われた。

「まだできることがある」渡辺は悟った。

次の日に市役所に復帰して、ヤクザの脅迫にも屈せず、住民の要望であった公園を完成させる。

それから5ヶ月後に渡辺は死んだ。

渡辺の作った新しい公園は子供達の声で溢れていた。

 

 

シンプルに生きて

幸せな人生の選択をして

f:id:ogasha:20171022104045j:plain

Butterfly Kisses

 

愛する人へ捧げる