タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

タイ王宮ワット・プラケーオを16,500歩

Bed One Block Hostelに4泊します。

前回も宿泊しましたが、カーテンでプライバシーが守られているので、気に入っています。

今回の15日間のタイでは、全てホステルに宿泊してます。

比較、評価などや、何故そのホステルが人気なのか、人気がない理由は何か、どんな経営がうまく行くのか、調べてみようかと思います。

 f:id:ogasha:20180117202154j:image

さて今日は、タイ王宮に船で、行ってみたくなり、朝の10時過ぎ位に、重い望遠レンズを持たずに出かけました。

f:id:ogasha:20180117201303j:imagef:id:ogasha:20180117203203j:imagef:id:ogasha:20180117203227j:image

ボートは、2種類あって200Bで王宮近くまで(No.6)行けるのと、庶民の生活9BでNo.5まで行けるサービスがあります。

当然ですが9Bで乗って、歩いて47番バスに乗って王宮に到着です。

 

その前に、昨夜サムイ島から到着後の夕飯の事を書きます。

いつもの通り、サンソン・ウィスキーと1.5Lの水をセブンイレブンで購入。

ホステルに着いてバッグを置いて、1本の水とウィスキーを持って出かけました

タイではお店にお酒を持ち込んで良い、という常識があります。

f:id:ogasha:20180117202006j:imagef:id:ogasha:20180117202728j:imagef:id:ogasha:20180117202741j:imagef:id:ogasha:20180117202820j:image

ウィスキーボトルを空け、せんべろ状態でホステルに戻って、シャワーを浴びて、眠るのみでした。

f:id:ogasha:20180117202933j:imagef:id:ogasha:20180117203005j:image

部屋に小さなセキュリティボックスがあるのも気に入っています。

 

さて、タイ王宮の話に戻りましょう。

2度目の訪問ですが、今回は入場料500Bを支払って入場しました。前回は入り口まででした。500Bと聞いて退散したのです。

 

ワットポーの涅槃仏(ねはんぶつ)は、横たわったビックブッダが有名ですね。あまりにも有名過ぎて、なかなか足が運べません。

 

今回は、何と、何と入り口を間違えて、王宮の壁を一周してしまったのです。

f:id:ogasha:20180117204053j:imagef:id:ogasha:20180117204059j:imagef:id:ogasha:20180117204105j:imagef:id:ogasha:20180117204113j:imagef:id:ogasha:20180117204131j:imagef:id:ogasha:20180117204136j:image

 そして、汗だくで入場します。

f:id:ogasha:20180117204307j:imagef:id:ogasha:20180117204312j:imagef:id:ogasha:20180117204317j:imagef:id:ogasha:20180117204328j:imagef:id:ogasha:20180117204327j:imagef:id:ogasha:20180117204332j:imagef:id:ogasha:20180117204337j:imagef:id:ogasha:20180117204341j:imagef:id:ogasha:20180117204347j:imagef:id:ogasha:20180117204353j:imagef:id:ogasha:20180117204404j:imagef:id:ogasha:20180117204408j:imagef:id:ogasha:20180117204415j:imagef:id:ogasha:20180117204417j:imagef:id:ogasha:20180117204423j:imagef:id:ogasha:20180117204429j:image

遂に、王宮ガイドNo.全てを制覇しました。

帰りは、ボート乗り場まで歩き、途中でマクドナルドでフィレオフィッシュ・セットを食べて休憩です。

f:id:ogasha:20180117204730p:image

Fitbitで16,500歩でした!

ホステルに戻ってシャワーを浴びて、最上階の自動洗濯機を回し、干しています。それにしても、睡眠時間が短いですね。

 

いや〜疲れました!

 

そんじゃ、またね〜