タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

謎のプルーム•テックを自作する

さてさて、昨日購入したパイプセット。

初めてにしては、上手く行ったし、パイプタバコたるものを味わえた。

f:id:ogasha:20180305195417j:plain

パイプ用葉は、百円ショップで購入した密封用グラスにいれて、それぞれの銘柄をポストイットで貼り付けた。

f:id:ogasha:20180305195510j:plain

葉たばこ粉砕機を試した。

写真で見ると大きそうだが、実は小さい。

f:id:ogasha:20180305195555j:plain

四階層になっていて、お掃除グッズも付いていた。

色は選べなかったがグリーンもなかなか味わいある色だ。

f:id:ogasha:20180305195629j:plain

No2.人気の•••銘柄忘れた、を粉砕してみることにしたのであるが、たいした量が入らない。

そして、謎のタバコフィルター(メンソール)箱を取り出す。

f:id:ogasha:20180305195712j:plain

カッターで1/2にカット。

 

何をするのかは、お楽しみですね。

f:id:ogasha:20180305195741j:plain

プルーム•テックで吸い終わったカプセルをシャカシャカ洗浄して、粉砕した葉たばこを詰めていく。

すると、下図のようになる。

f:id:ogasha:20180305195811j:plain

更にプルーム•テック用キャップを押し込む。

これで粉砕した葉たばこが口の中に入ってくることはない。

f:id:ogasha:20180305195837j:plain

そして、使い終わったカートリッジに謎の液体を注入する。

興味がある方は、過去記事の「電子タバコ編」を読んで頂きたい。

f:id:ogasha:20180305195901j:plain

そして、ついに「謎のプルーム•テック」が完成するのであった。

感動、感謝、雨、あられ。今日は雨風が激しい。

f:id:ogasha:20180305195924j:plain

そして、50パフどころではなく、味を感じなくなるまで、つまり赤ランプが点滅するまで吸い続けることが出来た。

赤ランプはウルトラマンと同じように「もう限界だよ」というサインである。

味は、パイプタバコそのものであった。

f:id:ogasha:20180305195955j:plain

そして不覚にも、紙タバコ用の葉っぱが欲しくなって、ネットで検索して楽天で注文した。

「マニトウ•ゴールド」感覚で決めた。缶入りだからだ。

葉たばこも種類が豊富なことを今回知った。

f:id:ogasha:20180305200022j:plain

雨風で寒い日だったので、キャンプ用ライトをディスク近くにおいて、色々と世界市場を調べていた。

ガス缶がなくなり、暖かさと明かりは消えた。

エアコンに切り変え、何が一番ベストなのかを藤井聡太六段のように考え、長考するうちに日が暮れてしまった。

 

将棋界はA級の名人挑戦権を巡って、激しく動いている。

「将棋世界4月号」を買っていないことに気づいた。

明日には買いに行こう。

本当は5月号が一番面白いのだが••••••。

12月号から集めているが、カラー巻頭ページしか読んでいない。

それでも、収集が目的だから、これで良いのだ。

 

「謎のプルーム•テック」と将棋雑記でした。