タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

紙巻きタバコとパイプタバコの違い

紙巻たばこを作ってみた。

最初は手順がわからず、失敗を重ねたが、徐々にコツが分かりうまく巻くことができるようになった。

紙巻き煙草とパイプタバコの葉は、基本的に一緒だがパイプたばこ用の葉は荒い。その為パイプ葉用の粉砕機があるくらいだ。

 

パイプタバコは基本的に肺まで吸い込まない。

香りを楽しむ嗜好品だ。

逆に紙タバコは肺まで吸い込む。

この紙に毒素が含まれているため、タバコくさくて健康に良くないことが知られている。

 

しかし、今回は紙巻たばこを実際に作って、吸ってみた。

f:id:ogasha:20180322071636j:plain

煙草保存ケースは「モンスターハンター2」だ。息子のを貰った。

f:id:ogasha:20180322071730j:plain

f:id:ogasha:20180322071800j:plain

紙にはノリが付いていて、筆を水に濡らして紙に接着して包める仕組み。

だから完成すると、一部が水に濡れている。

乾燥してから、本当の紙タバコの完成だ。

 

昨夜、作成した自家製紙タバコを今朝吸ってみた。

 

「うまいじゃないか!」

 

本来のタバコ葉の味がする。

市販されている煙草の味はフィルターに仕込まれているので、本来のタバコ葉だけの味を味わうことが出来ないのだ。

また、タバコ葉にも色んな種類があるので葉自体の味も変わる。

健康的にはパイプタバコ葉を粉砕してパイプで、肺まで入れない方法だ。

 

香りも良いし健康にも良い。時間がかかるけどね。

まあ、のんびりした人じゃないと出来ないよ。

 

米国の保険会社では、紙タバコを吸うのかパイプタバコを吸うのかで料金に差があるらしい。

 

やはりパイプタバコに利があると思うが、作る、吸うまでが面倒なのが難である。

f:id:ogasha:20180322072821j:plain