タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

MBKでめずらしいモノを買う

今日はクラビーへの移動日なので、昨日の話をしよう。

昨日に続いて「金」の話題になる。

昨日、金行で売った金塊のお金を銀行に預金した。

 

更に、兎のネックレスを繁華街にあるパッポン通りの金行兼両替商で売った。

交渉するとかなりの高額な値段で買ってくれたのだ。

だいたい買う時も売る時も値引きや上乗せは100バーツ前後が相場だ。

そもそもバーツ(タイのグラム15.2グラム相当)の値段が中華街と繁華街やショッピングセンター内で異なるのだ。

 

日本のように統一したグラム価格でないことに気がついた。

まずは、繁華街でラビット付きネックレスを高く売って、中華街で安くシンプルな1バーツのネックレスを買い戻した。

f:id:ogasha:20180327221004j:plain

兎は珍しいのか、高く売れたのだ。

兎といえば中華街のロータリー•オブジェにも配置されていたので、何か縁起の良い理由があるのかもしれない。

f:id:ogasha:20180327221306j:plain

余ったお金を銀行に預金した。

あちこち金行を渡り歩いて交渉してこそ利益を得られるのだ。

 

そこで思ったのだが、「金塊」より身に着ける金の方が、価値があるということだ。

 

フアランポーンからシーロムに戻り、銀行に預金・通帳記入してから、ナショナルスタジアムのMBKへと戻った。

ちなみにラビットカードでお店に支払うと約10%の割引になる。

昼食はMacで、いつものフィレオフィッシュ•バーガーセットを頼んだ。

 

MBK内の電気ショップ屋さんで、珍しいものはないかとぐるぐると廻った。

最初はオカマ店員が100Bと言っていた2USBプラグをもっと安く買えないかと店を探すと、150Bだとぬかす。

90バーツなら買うよというと、100バーツと答えた。しまいには店員が怒って何処かに行ってしまった。

 

日本語で「社長さん」なんて呼びかけられることが多い。

購入を諦めて帰ろうとした時、ある店で交渉すると90バーツでいいと言う。

即刻購入した。

f:id:ogasha:20180327222607j:plain

アップルマークがオレンジ色に光って楽しい!

f:id:ogasha:20180327222752j:plain

昨日と同じようにMBKから、ラチャティウィのホステルまで徒歩で行く。

 

夕刻になっていたため、セブンで弁当(パット•クラプラオ)とゆで卵、LEO2本セットを346バーツで買って持ち帰る。

 

いつも日本でジントニックを飲んでいた影響もあって、ジントニックが急に飲みたくなった。

ラチャティウィ駅の反対側に幾つかの店があったので入ってみる。

 

ビリヤードの1ゲームが20バーツと言われ、まずは腰を引く。

ジントニックが190バーツで目が点になる。

これじゃアソークのゴーゴーバーの方が安い。

1杯で退散して、アソークの繁華街ソイ•カーボーイの日本人お得意様のバカラへと向かった。

激しい音楽と女性の踊りを鑑賞しながら180バーツのジントニックを飲む。

いつもの女性陣は、少し残っていたが大半は入れ替わってファラン好みのタトゥーだらけの女性が目立っていた。時間も遅かったので売れ残りかもしれない。

f:id:ogasha:20180327224125j:plain

賑やかさはナナよりも多い。BTSの終電に間に合うように頃合いを見計らってラチャティウィの宿に戻り、床についた。

 

明日は、クラビーへエアアジアで飛び立つ。

2時間の時差は結構きついのだった。

 

 

f:id:ogasha:20180327225614j:plain