タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

クラビーリバーをボートで洞窟に行く

今回も昨日のことから話を始めよう。

朝6:30起床、朝食は食パンとパイナップル、スイカ&ブラックコーヒーという簡素なものだ。

旅の経費と計画をノートに記す。次の旅へBooking.comで安宿を検索する。

明日はアーオ•ナン•ビーチへソンテオで行きゲストハウス「ポパイ」に1泊する。

次の日は、ボートでピーピー島に行きAlena Dorm Roomに1泊、翌日ランター島へボートで向かい、Baan Longheadに2泊する予定だ。

 

その後の計画はまだない。

 

朝食後、リバーサイドの歩道を散歩すると、ボート親父が声をかけてきた。

「おーい、ボートでリバーを周らないかい?」

面白そうだったので、値段を聞いてみる。

「おじさん、いくら?」

「1時間で500バーツだよ」

「値引きして400バーツは可能かい?」

笑顔で親父さんが答える。

「OKクラップ」

大概、すぐ値引きに応じるのは、かなり怪しいと思わなければならない。

「おじさん、お昼食べたらカメラを持って戻ってくるよ」

そう伝えて、リバーサイドの散歩を終えた。

 

宿への帰り道に、金行があったので入ってみる。

ネックレスにつけるアクセサリーを探していたのだ。兎は売ったからね。

船の錨(イカリ)アクセサリーが気に入ったので、値段を聞く。

「3,400バーツです。はい。」

電卓を叩いて値引き交渉を開始する。3,000と電卓を叩く。

するとお兄さんは、店主に伺った。なんかいいみたいだ。

3,000バーツの錨を購入した。

f:id:ogasha:20180329085541j:plain

セブンイレブンで色々買い物をする。

  • サンオイル195B
  • シャンプー30B
  • 水13B 
  • ゆで卵2個パック16B
  • お弁当30B

合計 289B 

宿に戻ってウイスキーの水割りでランチタイム。

f:id:ogasha:20180329090004j:plain

一服してから、リーバーボート用にカメラ、サンオイル、タオル等を用意してボート乗場に向かった。

途中でツーリストがあったのでリバーボートの周遊チケットの値段を聞く。

「1Hで600バーツですわよ」女性が笑顔で答える。

即、退散。

リバーサイドに着くと、今度は、おじさんじゃなくてお兄さんが声をかける。

「ボートボート!」

「400バーツ1H?」

「いいよ、OKクラップ」人懐こそうな笑顔で応えた。

f:id:ogasha:20180329090552j:plain

乗客は自分一人だ。パンツ1枚になってサンオイルを塗りまくる。

絶景場所でボートは止まる。

カメラのシャッターを切る。

f:id:ogasha:20180329090743j:plain

ボートですべての風景を周遊するものかと思っていたら、洞窟のある島にたどり着いた。モンキー公園みたいな感じだ。

入場料が30バーツと言われ、最初は断るとここは、1Hツアーになっているんだとお兄さんが言う。

窓口で小銭財布を出して、21バーツにしてよと言うと、おばさんは渋々チケットを切らないで20バーツを懐に入れた。

f:id:ogasha:20180329091149j:plain

f:id:ogasha:20180329091308j:plain

f:id:ogasha:20180329091352j:plain

ロッククライミングができる絶壁に鍾乳洞がある。

f:id:ogasha:20180329091514j:plain

f:id:ogasha:20180329091618j:plain

お兄さんがツアーガイドだ。

絶壁を梯子で行くか、階段で行くかと聞いてきた。

「階段にする」ゼーゼー•ハーハーと息を切らして階段を登った。

f:id:ogasha:20180329091709j:plain

絶壁のはしごを登るとここに着く。普通の人じゃ登れんだろうが!

f:id:ogasha:20180329091949j:plain

古代人が住んでいたらしく陶器とドクロ•骨が散乱していた。

f:id:ogasha:20180329092050j:plain

壁画もあった。

f:id:ogasha:20180329092317j:plain

第二次世界大戦中は、この洞窟が日本軍の司令部だったらしい。

f:id:ogasha:20180329092601j:plain

f:id:ogasha:20180329092710j:plain

ガイド兼任のボートのお兄さんがここでシャツターを切ってくれと言うので、渋々とカメラシャッターを切った。

f:id:ogasha:20180329092913j:plain

屈託のない、おにいさんだ。

f:id:ogasha:20180329093029j:plain

水晶かな?

f:id:ogasha:20180329093116j:plain

f:id:ogasha:20180329093200j:plain

天井はコウモリの住み家になっている。

f:id:ogasha:20180329093357j:plain

鍾乳洞を抜けて、ボートに戻る。

1Hボートツアーとはこのことだったんだね。

350バーツに値引き交渉すればよかった。

ボート兄さんが自分を写してくれとせがむので、写してあげた。

f:id:ogasha:20180329093622j:plain

f:id:ogasha:20180329093801j:plain

船着場に着くと、最初のボートおじさんがいたのでシャッターを切る。

f:id:ogasha:20180329093855j:plain

その他のリバーサイドオブジェ。

f:id:ogasha:20180329094113j:plain

f:id:ogasha:20180329094145j:plain

帰り道に雑貨屋があったので、まずは灰皿が目に入った。

裏には200バーツ、灰皿側面には169バーツのシールが張ってある。

おばさん店員に値引き交渉する。最初は100バーツから交渉した。

すると違う小さな灰皿を勧めてくる。しかたがないので140バーツで交渉成立した。

f:id:ogasha:20180329095942j:plain

日本語でコップンカップを何ていうの?と聞くので「クソババァ」と伝えようとしたが、他の日本人に迷惑をかけると思って「ありがとう」って言うんだと正直に教えた。

「ありがとう」そのおばさんの声を聞きながら宿へと向かった。

 

宿についてシャワーを浴び、一眠りについた。

起きると夕飯の時間、昨日行った屋台マーケットで色々買って宿に戻った。

f:id:ogasha:20180329094913j:plain

  • パッタイ20B
  • 唐揚げ20B 
  • イカ焼き×2で40B
  • 水15B 

サンソンウィスキーの水割りを飲みながら夕食を終える。

 

今日は太陽を直接浴びた時間が多かったので疲れが溜まった。

 

明日は移動日だ。しっかり寝よう。