タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

ランター島へ夕日を見に行く

ピーピー島の宿から目覚めると既に10:45分。船は11:30に出発する。

完全なる二日酔いだ。シャワーを浴びて荷物をまとめる。

右目が痛いので、抗生物質を飲んだ。

チェックアウトで100バーツのデポジットが戻る。

 

舟場の目の前にあるマックでアイスコーヒー155Bを飲みながら一服する。

11:30ジャストで船が出発する。中型船だ、両隣3席でエアアジアに似ている。

船内でタクシー(ロットウー)150Bチケットを販売していたので宿名を告げて購入する。約1時間でランター等に到着した。水10バーツで乾いた喉を潤す。

 

ランター島に到着

 

宿は舟場からすぐだった。Booking.comで1泊を予定していたが、2泊に変更し500B、そしてツーリストも兼業していたので明後日のトランへのチケット450Bを支払う。

ホステルはAlena Dorm Room。

f:id:ogasha:20180401120701j:plain

f:id:ogasha:20180401130433j:plain

隣の隣のレストランで朝食兼昼食を食する。ガパオ80B、スパイシーだ。

f:id:ogasha:20180401120507j:plain

シャワーを浴び、ホステルのおじさんがコーヒーを飲むかい?と聞いてきたので、アイスにして一服する。宿の奥はキャンプ場になっていて、獣道を通るとビーチに出ると教えてくれた。

 

クローン•ダオ•ビーチ

 

広々としたクローン•ダオ•ビーチに行ってみることにした。

サンオイルを塗って日光浴をする。

熱くなったら海に潜って泳ぐ。気持ちがいい。

人も少なく、優雅な時間を過ごすことができる。

f:id:ogasha:20180401120424j:plain

f:id:ogasha:20180401124659j:plain

f:id:ogasha:20180401124731j:plain

 

f:id:ogasha:20180401124908j:plain

夕日を写真に収めようと、サンオイルを塗っては日光浴して、熱くなったら海に潜ることを繰り返して、時間を費やす。ベンチは倒木だ。

夕日は雲に隠れて、日の入りの最後まで写すことができなかった。

雷が遠くで鳴り響いた。ポツポツと雨が降り出す。

獣道を通って宿に戻った。

f:id:ogasha:20180401122816j:plain

f:id:ogasha:20180401122837j:plain

ちょうどいいタイミングで宿に戻った感じだ。

f:id:ogasha:20180401120219j:plain

f:id:ogasha:20180401121013j:plain

夕食は昼と同じ店で、シーハービール大120B、パッタイ80Bを食する。

f:id:ogasha:20180401120306j:plain

のどかな田舎町だ。セブンイレブンまで15分かかることをGoogleMapで調べた。

回りにネオンがないので、今日はこれで終了としよう。

 

宿に戻って、カメラ写真をMacBookProに収める。

 

外は激しい雷と雨が降り出している。

 

ホステルの人数は4人だ。男女カップルは10時頃には寝だしてしまう。自分はブロクを書いて12時前にはUPすることが出来た。

薬を飲んで眠りについた。

 

f:id:ogasha:20180401125204j:plain

f:id:ogasha:20180401130108j:plain

f:id:ogasha:20180401130118j:plain

f:id:ogasha:20180401130132j:plain