タイライフ おがしゃ

THAI LIFE OGASHA 旅すること 

MENU

タワーマンション 投資物件

朝4時半に目が覚めた。

自分で朝食を作り、柴犬に餌を与えて5時過ぎに散歩に出かける。

既に太陽はギラギラと地面を照らし始めていた

f:id:ogasha:20180722200815j:plain

 

もう既に朝日が暑い。

f:id:ogasha:20180722200741j:plain

散歩道には建売住宅があちこちにできている。

アパート住まいの30代をターゲットにして2千万円代で購入できる家だ。

f:id:ogasha:20180722200758j:plainf:id:ogasha:20180722200807j:plain

でもよく観察するとコストダウンのために外壁が安物だ。

1億以上もした我家周辺の住宅街とは全く異なった空間だ。

 

今日は日曜日、先週の投資活動をまとめてプリントアウトする。もうバインダーが足りなくなってきている。

 

ドルの波乱が始まった。

トランプ大統領の発言力が為替を動かす。

f:id:ogasha:20180722201621p:plain

110円から109円台へと向かっていくだろう。

 

世界情勢も戦争危機が薄れてぼんやりした感覚だ。

 

金利もさして上昇の気配が薄い、インフレも動きが鈍い。

 

金・銀・プラチナも安い。

 

資金は何処に向かっていくのだろう。

 

建売の販売状況も思わしくない。

 

人口減で空き家が都内にいくらでもある。多額の相続税を拒否するために受け継ぐ人が登記簿登録しない空き家だ。

 

タワーマンションだけが売れていく。投資用に外国人が購入しているからだ。

一軒家は都内ではもう必要ないのかもいしれない、価値は土地面積だけだ。

 

自分も投資用として地盤の強い都内地域に2LDKで6千万円ほどのマンション物件が駅近にあれば中古でも検討するだろう。地震は必ずやってくるからね。

 

賃貸で一生暮らすという人々が増えているからだ。購入はリスクが高いから賃貸で老後は施設で暮らす。そんな生き方を若い世代が考えている。

 

不動産投資はワンルームではなく最低でも2LDKが今後の主流となることだろう。

f:id:ogasha:20180722203101p:plain